不動産ニュース / 開発・分譲

2017/11/14

大阪の新今宮駅前にオフィス・ゲストHなどの複合施設

再開発のイメージ

 南海電気鉄道(株)は13日、大阪市が実施する「新今宮駅前開発事業」の事業予定者に決定したと発表した。

 「新今宮駅前開発事業」は、同エリア北東側に位置する「もと馬淵生活館・もと馬淵生活館保育園跡地」の売却を前提として進められる再開発事業。

 同社が提案したのは、4,873平方メートルの敷地に、延床面積3,045平方メートルのオフィス・コミュニティサロン・ゲストハウス等からなる複合施設を建設する計画。
 外国人就労マッチング事業に取り組む(株)aimをパートナーに迎え、コミュニティサロンやゲストハウスの運営を委任することで、同エリアを日本で働きたい外国人と日本企業との人材マッチングを行なう拠点とする。

 2017年12月から事前協議・調整を開始。1月から設計等を行ない、18年4月に着工、19年9月に開業の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

税理士が、実務における税制改正の注意点を解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/5/5

「月刊不動産流通2021年6月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年6月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。
解説「令和3年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、令和3年度の税制改正の中でも不動産仲介の営業現場において重要と思われる項目について解説しました。実務上の留意点も紹介します。