不動産ニュース / 開発・分譲

2017/11/14

大阪の新今宮駅前にオフィス・ゲストHなどの複合施設

再開発のイメージ

 南海電気鉄道(株)は13日、大阪市が実施する「新今宮駅前開発事業」の事業予定者に決定したと発表した。

 「新今宮駅前開発事業」は、同エリア北東側に位置する「もと馬淵生活館・もと馬淵生活館保育園跡地」の売却を前提として進められる再開発事業。

 同社が提案したのは、4,873平方メートルの敷地に、延床面積3,045平方メートルのオフィス・コミュニティサロン・ゲストハウス等からなる複合施設を建設する計画。
 外国人就労マッチング事業に取り組む(株)aimをパートナーに迎え、コミュニティサロンやゲストハウスの運営を委任することで、同エリアを日本で働きたい外国人と日本企業との人材マッチングを行なう拠点とする。

 2017年12月から事前協議・調整を開始。1月から設計等を行ない、18年4月に着工、19年9月に開業の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年2月号 日々の実務に役立つ情報満載です
特集:編集部が選ぶ!!不動産業界 2017年のトピックスで、昨年の重要テーマを振り返り!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

平成30年度宅地建物取引士資格試験合格コース「宅建合格総合講座」アットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

価格: 6万8,040円

お知らせ

2018/1/19

「記者の目」更新しました。

建物と人をつなぎ、まちの魅力を残す」の記事を更新しました。

今回は、築52年の共同住宅兼店舗を“リファイニング工法”により改修した事例を取材してきました。
既存ストックの再生術として一般的なのは“リノベーション”や“コンバージョン”といった手法。ですが、これらの手法による改修は、外見の化粧直しにとどまり、耐震性や抜本的な商品性には手を入れないケースも…。一方、リファイニングは、躯体の延命措置を始め、建物の「中身」にまで徹底的に手を入れる手法。建物寿命も商品寿命もリセットすることができ、今、注目が集まっています。