不動産ニュース / その他

2017/11/21

水天宮に同社初のサービスアパートメント/パナH

「BUREAU水天宮」住戸

 パナホーム(株)は、同社初となるサービスアパートメント「BUREAU(ビュロー)水天宮」(東京都中央区、総戸数54戸)を12月上旬にオープンする。

 訪日外国人観光客の増加などに伴い宿泊施設不足が深刻化していることや、ビジネスにおける長期滞在者の需要、また、2018年に施行される民泊新法によりさらに需要が高まる見込みであることから、そうしたニーズに対応する。

 東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅徒歩4分、同東西線「茅場町」駅徒歩6分に位置。敷地面積は397.32平方メートル。延床面積は2,546.95平方メートルで、鉄筋コンクリート地上10階建て。

 住戸面積は25.23~45.58平方メートルで、間取りは1K~1LDK。単身者からカップル、友人同士、ファミリーなどに対応できる6タイプを用意し、全室に家具・調理器具・食器等を備え、住宅設備および家電はパナソニック製を採用する。また、一部の住戸には同社の美容家電も設置する。 

 なお、同物件は同社が不動産を所有し、(株)スペースデザインが一括借り上げの上、管理・運営を行なう。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。