不動産ニュース / その他

2017/11/21

横浜で築50年Mの建て替えを決議

「(仮称)井土ヶ谷マンション」
完成イメージ

 横浜市住宅供給公社は、同社が分譲したマンション「下之前住宅」(横浜市南区、総戸数16戸)の建て替えが決定したと発表した。

 同マンションは、1968年に竣工。敷地面積718.38平方メートル、延床面積約1,432平方メートル、専有面積925.40平方メートル、鉄筋コンクリート造地上5階建て。区分所有者の約80%が高齢者で約50年間自主管理で組合運営を行なってきたが、2013年に横浜市住宅供給公社に建て替えに関するコンサルティングを委託していた。

 建て替えの計画については還元率が15%と、一般的な合意形成の水準80%に及ばなかったものの、所有者が今後の維持保全にかかる費用を負担するよりも自己負担による建て替えを選択。全員同意による建て替えが決定した。

 建て替え後の建物は、鉄筋コンクリート造地上7階建て、延床面積2,677.65平方メートルとなる。総戸数は30戸、専有面積も2,025.42平方メートルと拡大する。

 今後設立する(仮称)井土ヶ谷マンション建替組合は、優良建築物整備事業に基づく横浜市マンション建替促進事業を活用する方針で、18年に権利変換計画の認可を受け、既存建物を解体。AIやブロックチェーンの技術を活用しながら建物内で電力融通する仕組みなどを導入し、20年夏頃に竣工する予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

ブロックチェーン

情報技術の一つで、取引記録を一定の単位(ブロック)にまとめた上で、その正当性を証する情報とともに取引の履歴に付け加え(チェーン化)、それをネットワーク内で合意・共有して検証可能にする分散的な情報管理手法をいう。ビットコインが成り立つための核心となっている技術である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年1月号 日々の実務に役立つ情報満載です

19人のベテラン実務者たちが語る「不動産業の面白さ」とは?「やりがい」とは?…特集をチェック!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

お知らせ

2017/12/6

「海外トピックス」更新しました

Vol.335 生前遺言状作成で、家族との関わりをシンプルに の記事を更新しました。

離婚、再婚、養子、シングルマザー、LGBTの夫婦など、日本に比べると複雑なことが多いアメリカ人の家族関係。

だからというわけではないのかもしれませんが、アメリカ人は不測の事態に備えて法律的な処置を普段からしっかりしている人が多いようです。筆者の身近な例をもとに、彼らの生前相続対策についてレポートします。