不動産ニュース / 仲介・管理 / 取材

2017/12/7

ピタットH、接客コンテストで初の全国大会

ロープレ形式で接客レベルを競う
会場には多くの見学者も集まった

 ピタットハウスネットワーク(株)は6日、同社の直営・加盟店(ネットワーク)店舗を対象とした「2017年度 ピタットハウス接客コンテスト」の全国大会を、品川プリンスホテル(東京都港区)で開催。出場者・見学者含め、約150人が参加した。

 同コンテストは、02年よりスタートしており、今回で16回目。今年度は850人超がエントリー。全国6ブロック(北海道、東北、首都圏・北陸、中部・東海、関西・中国・四国、九州・沖縄)ごとに、賃貸・売買に分けて予選・本選を行ない、41人が準決勝に進んだ。

 これまでは、本選でエリアチャンピオンを選出。接客ロールプレイングの動画を、同社ネットワーク店舗向けのイントラネット上にアップロードし、各社の投票でグランドチャンピオンを選出していたが、今年度は、600店舗達成を記念し、初めて全国大会の形式を採用し、準決勝と決勝を実施した。また、エントリーの部門を役員や店長、各社の業績ランキング上位者などを対象とした「エグゼクティブ部門」とそれ以外の「一般部門」に区分け。全体のレベルアップや若い世代のチャレンジ支援を図る。エグゼクティブ部門では、難易度の高い顧客への接客を想定し、感じの良さや親近感がわく接客という従来の審査項目はもちろん、レベルの高いヒアリング力や物件提案力も審査の対象とした。

 全国大会では同社社員を客に見立て、店舗における初回接客をテーマに、1回20分のロープレを実施。同社代表取締役社長の宮北英治氏、 スターツコーポレーション(株)取締役副会長の河野一孝氏はじめ、ピタットハウスの役員や加盟店社長などが審査員を務めた。また、出場者以外の加盟店スタッフの見学も可能とし、ロープレのテーブルの周りには、多くの見学者が集まった。41人中12人が決勝に進み、各部門(賃貸一般、同エグゼクティブ、売買一般、同エグゼクティブ)一人ずつ、計4人が最優秀者として選出された。

 会の冒頭、宮北社長は「ネットワーク数がオープンベースで601店舗、契約ベース623店舗と、600店舗を突破した。それを記念した初の全国統一大会。良い接客の知見を積み重ねて、これからの繁忙期に備えていただきたい。また、ネットワーク全員で育成や研修を行なうという意識を持ちながら、高め合える場にしていきたい」と述べた。

「意識を高める場にしていきたい」と話す宮北社長

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年1月号 日々の実務に役立つ情報満載です

19人のベテラン実務者たちが語る「不動産業の面白さ」とは?「やりがい」とは?…特集をチェック!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

お知らせ

2017/12/6

「海外トピックス」更新しました

Vol.335 生前遺言状作成で、家族との関わりをシンプルに の記事を更新しました。

離婚、再婚、養子、シングルマザー、LGBTの夫婦など、日本に比べると複雑なことが多いアメリカ人の家族関係。

だからというわけではないのかもしれませんが、アメリカ人は不測の事態に備えて法律的な処置を普段からしっかりしている人が多いようです。筆者の身近な例をもとに、彼らの生前相続対策についてレポートします。