不動産ニュース / 調査・統計データ

2017/12/15

18年の景気見通し、回復への期待感にじむ

 (株)帝国データバンクは14日、「2018年の景気見通しに対する企業の意識調査」の結果を公表した。17年の景気動向および18年の景気見通しに関する見解についての調査。11月16~30日、全国2万3,212社を対象に調査を行ない、1万105社から回答を得た。

 17年を振り返って、景気が「回復」局面であったと回答した企業は21.2%で(前年比15.5ポイント上昇)となり、4年ぶりに2割台となった。このほか「踊り場」は49.0%(同4.9ポイント低下)、「悪化」は9.2%(同10.1ポイント低下)。「悪化」が1ケタ台になったのも4年ぶり。

 18年の景気見通しについては、「回復」局面と見込む企業が20.3%(同9.3ポイント上昇)と、こちらも4年ぶりに20%を突破した。「踊り場」は40.4%(同2.5ポイント上昇)、「悪化」は12.3%(同7.7ポイント低下)となり、期待感がにじむ結果となった。

 回復を見込む企業からは、「東京五輪前のインバウンド効果で内需拡大が図れる」などといった五輪期待の声が多く上がるほか、好調な業界からの設備投資への期待も大きかった。一方で、「悪化」を見込む企業からは「イギリスのEU離脱や日銀総裁任期満了などマイナス材料が多い」、「人手不足が深刻化している」といったコメントが得られた。

 18年の景気への懸念材料として最も多く上がったのは「人手不足」で、47.9%(同19.5ポイント上昇)だった。2番目は「原油・素材価格の上昇」が40.0%(同11.5ポイント上昇)と、いずれも急激に上昇した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年7月号 日々の実務に役立つ情報満載です。
地域の歴史やニーズに合わせ、地場業者が遊休不動産を再生!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

平成30年度宅地建物取引士資格試験合格コース「宅建合格総合講座」アットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

価格: 6万8,040円

お知らせ

2018/6/6

「記者の目」更新しました

ここまできたIoT住宅」を更新しました。

今回はIoT技術を用いた住宅を取材しました。AIが住人の生活パターンを記憶して生活をサポートするなど…まるで魔法のような生活が現実となっているようです!