不動産ニュース / 開発・分譲

2018/2/15

明大前に新築シェアハウス/リビタ

「シェアプレイス明大前」外観

 (株)リビタは14日、シェア型賃貸住宅「シェアプレイス明大前」(東京都世田谷区、総室数42室)を報道陣に公開した。同シリーズ19棟目。

 京王線「明大前」駅徒歩8分。親会社の京王電鉄(株)の社有地(社員寮跡地)を活用。延床面積846.59平方メートル、鉄骨造地上3階建ての新築シェア型賃貸住宅を企画した。1棟を借り上げて、運営も行なう。

 1階には、キッチンを併設した112平方メートルのシェアラウンジを設置。入居者のコミュニケーションを促進するほか、柱や天井アーチを使って視界を適度に遮るデザインを採用、個々が気分に合わせて居場所を選んで過ごせるようにした。テーブルの配置や向きなども工夫している。
 共用のシャワーブース・トイレは各階に設置。1階には15分100円で使用できる浴槽付きのバスルームや、コインランドリーも設けた。「シャワーは皆さん利用しますが、湯船に浸かる頻度は人によってまちまち。共益費で不公平感を感じないよう、1階の浴室は有料としました」(同社事業本部企画推進グループチーフコンサルタント・綾村恭平氏)。

 専有部は10.57~10.96平方メートルで、ベッド、机、冷蔵庫等は備え付け。2階の一角には女性専用エリアを設けた。家賃は6万9,000~7万4,000円、別途、水道光熱費やインターネット利用料を含む共益費1万5,000円。
 2018年1月から入居者を募集し、現在27室が契約済み。男女比率は4:6で、渋谷区や新宿区などで働く社会人が多いという。入居理由については、「主要都市まで直通で出られる『明大前』駅徒歩8分という立地の良さはもちろん、一人暮らしでは確保が難しい、広いキッチンスペースを気に入るといったケースが多く見受けられます。また、清掃業者が入るため、水回りなどの掃除を行なわなくてよい点も忙しい社会人に喜ばれています」(同氏)。

 入居開始は2月中旬を予定している。

1階のシェアラウンジ
さまざまな家電を備えたキッチン

この記事の用語

シェアハウス

複数の居住者・家族が一定の生活空間を共用する住宅をいう。一般に、台所、浴室、居間などを共用し、居住者同士のコミュニケーションが生まれることとなる。賃貸住宅として供給されているが、居住スタイルの選択肢の拡大に応える住宅形態のひとつである。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年1月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/12/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

 最新号2019年1月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

デジタル技術の発展は、日進月歩の世界。不動産業界でも近年、そうした技術を活用する動きがみられますが、果たして不動産業務はどう変わっていくのでしょうか?今回は、巻頭のグラビアページ「流通フラッシュ」と、特集で各社の取り組みを紹介します。
また、短期連載「郊外住宅団地の再生・活性化策を探る」もスタート!建物の老朽化や入居者の高齢化等の課題を抱える大規模住宅団地は少なくありませんが、URや住宅供給公社ではハード・ソフトの両面から課題解決を進めています。初回は「入居者の高齢化問題」にスポットを当て、取り組みをレポートします。