不動産ニュース / 開発・分譲

2018/2/20

東京駅前の大規模再開発、オフィスビル着工

「東京駅前常盤橋プロジェクトA棟」外観イメージ

 三菱地所(株)はこのほど、東京駅前の大規模再開発「東京駅前常盤橋プロジェクト」(東京都千代田区)のA棟新築工事に着工した。

 同プロジェクトは、国家戦略特別区域の認定事業。街区内の重要インフラの機能を維持・更新しながら10年超の事業期間をかけて段階的に開発を進めるもの。「東京」駅前に位置する約3万1,400平方メートルの敷地に、オフィスビルA棟(延床面積約14万6,000平方メートル、高さ約212m)と、オフィスビルB棟(同約49万平方メートル、高さ約390m)、変電所や店舗からなるC棟(同約2万平方メートル)、事務所・下水ポンプ所となるD棟(同約3万平方メートル)を開発する。なお、B棟は2027年度の竣工時点で日本一の高さとなる。

 今回着工したA棟は、東京メトロ東西線「大手町」駅コンコースと直結する予定で、約8,000人が就業する大規模複合ビルとなる。オフィス有効面積は約2万3,400坪、フロア面積は約780坪の無柱空間を確保し、入居者のニーズに合わせたフレキシブルなレイアウトに対応することができる。

 就業者の共用サービスとして3階と8階に全オフィスエリアからダイレクトにアクセスできるスペースを設置。3階は“食”をテーマとし、健康をサポートしながらランチタイム以外の就業者間のコミュニケーションを促進する共用カフェテリアを設ける。

 さらに日本橋川沿いの緑豊かな親水空間として3,000平方メートルの芝生広場を整備。全体竣工時には7,000平方メートルの空間とする。

 20日に開催した新築工事他起工式において、同社執行役社長の吉田淳一氏は「A棟の共同事業者である(株)大和証券グループ本社様とは『東京国際金融センター』構想の中心に位置付けられている本プロジェクトにおいて、10年以上前から議論・検討をしてきた。A棟についてはこれからの新しい働き方を発信するシンボルタワーとしていきたい。また、これまで以上に実証実験や外部協業に積極的に取り組むことで、求められるまちとして進化していきたい」などと話した。

 A棟の竣工は21年4月末。プロジェクト全体の完成は27年度を予定している。

日本橋方面から見たA棟
広場のイメージ。左がB棟、右がA棟

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年1月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/12/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

 最新号2019年1月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

デジタル技術の発展は、日進月歩の世界。不動産業界でも近年、そうした技術を活用する動きがみられますが、果たして不動産業務はどう変わっていくのでしょうか?今回は、巻頭のグラビアページ「流通フラッシュ」と、特集で各社の取り組みを紹介します。
また、短期連載「郊外住宅団地の再生・活性化策を探る」もスタート!建物の老朽化や入居者の高齢化等の課題を抱える大規模住宅団地は少なくありませんが、URや住宅供給公社ではハード・ソフトの両面から課題解決を進めています。初回は「入居者の高齢化問題」にスポットを当て、取り組みをレポートします。