不動産ニュース / 開発・分譲

2018/3/1

「本厚木」駅の市街地再開発事業を着工

「本厚木駅南口地区第一種市街地再開発事業」イメージ完成予想CG

 本厚木駅南口地区市街地再開発組合、三菱地所レジデンス(株)、(株)フージャースコーポレーションは1日、「本厚木駅南口地区第一種市街地再開発事業」(神奈川県厚木市)を着工した。

 同事業では、駅前広場面積を3,460平方メートルから約4,270平方メートルへ拡張。安全で快適な歩行環境の向上、交通結節点の機能強化を目指す。

 併せて、商業・業務・住居の複合開発事業を実施。敷地面積約2,400平方メートル、延床面積約2万4,400平方メートル、鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)地上22階地下2階建てを開発。地下1階に市営駐輪場等、1~3階には金融機関、医療施設、飲食店等を誘致する予定。
 4~22階は、内廊下を採用した総戸数163戸の分譲マンション。間取りは2LDK~3LDK、専有面積は約55~110平方メートル。角住戸率約46%を確保、ワイドスパン住戸を数多く配置した計画とする。制振構造を採用し、屋上には花火大会等が見渡せるスカイデッキを設置する予定。

 2018年秋頃モデルルームオープン、同年冬頃に販売を開始。竣工は20年11月の予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。