不動産ニュース / IT・情報サービス

2018/3/23

非対面決済サービス、重説の代理受領を導入

 (株)エスクロー・エージェント・ジャパンは20日、非対面決済サービス「H’OURS(アワーズ)」に、重要事項説明書の代理受領を導入したと発表した。

 H’OURSは、エスクロー会社と司法書士が連携し、必要な事務手続きなどを決済日より前に行ない、決済代金を信託口座に保全することで、関係者の立ち会いなしで決済。インバウンド不動産取引や遠隔地間の不動産取引時における関係者の時間・費用負担の軽減を図るサービス。

 従来の非対面決済に加え、同社が買い主から委任を受け、買い主の代わりに不動産仲介事業者から「対面」で重要事項説明書を受領することで、重説実施の移動に伴う時間と費用を軽減する。同社の全国を網羅する専門家ネットワークを駆使し、現行の不動産取引の法規制を遵守しながら関係者の負担軽減を図る。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

エスクロー(Escrow)

取引の際に、売り手と買い手の間に信頼を置ける中立な第三者を仲介させること、またはそのサービスをいう。不動産取引の安全を確保するためにアメリカで発達した仕組みであり、最近は電子商取引の決済においても活用されている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。