重要事項説明の記事一覧

2020/11/20

2020/7/21

不動産ニュース 2020/7/21

日管協、保証委託契約実務書式集を作成

(公財)日本賃貸住宅管理協会・家賃債務保証事業者協議会はこのほど、家賃債務保証事業者に向けた「保証委託契約実務書式集(居住用建物版)」を作成した。国土交通省告示による家賃債務保証業者登録制度と、同協議会が策定した業務適正化に係る自主ルールに準拠...

2019/9/20

不動産ニュース 2019/9/20

10月1日より売買でのIT重説実証実験スタート

国土交通省は20日、ITを活用した重要事項説明等に関する社会実験の開始について発表した。個人を含む売買取引におけるITを活用した重要事項説明(以下、売買IT重説)と、賃貸取引における重要事項説明書等の電磁的方法による交付(以下、賃貸書面電子化)...

2019/8/8

不動産ニュース 2019/8/8

マンションの適正管理へ要望/管理協

(一社)マンション管理業協会は6日、「マンションの適正な管理を確保するための方策に関する要望」を、石井国土交通大臣に提出した。マンションの適正な管理を実現するための方策として、管理情報の開示を要望。

2019/2/13

不動産ニュース 2019/2/13

IT重説、賃貸取引の書面の電子化で社会実験

国土交通省は12日、5回目となる「ITを活用した重要事項説明に係る社会実験に関する検証検討会」を開催。法人間売買取引に係るIT重説社会実験の継続と、新たに個人を含む売買取引に係るIT重説、賃貸取引を対象にした重要事項説明書等(宅建業法35条、3...

2018/3/23

不動産ニュース 2018/3/23

非対面決済サービス、重説の代理受領を導入

(株)エスクロー・エージェント・ジャパンは20日、非対面決済サービス「H’OURS(アワーズ)」に、重要事項説明書の代理受領を導入したと発表した。H’OURSは、エスクロー会社と司法書士が連携し、必要な事務手続きなどを決...

2018/3/5

不動産ニュース 2018/3/5

IT重説開始から半年、苦情・紛争は0件/国交省

国土交通省は5日、第4回目の「ITを活用した重要事項説明に係る社会実験に関する検証検討会」を開催。2017年10月に本格運用開始した賃貸取引におけるIT重説の実施状況、および社会実験を行なっている法人間売買取引におけるIT重説の実施状況について...

2017/10/5

記者の目 2017/10/5

重説書面作成を「革新」する

 ◆「属人的能力」に委ねられる重説作成改めて説明しておくと、「重要事項説明書」とは、不動産売買・賃貸契約の際に重要な事項について調査し記載したもの。「重要な事項」とは、その不動産の権利関係や法令上の制限、建物や周辺環境など不動産の特性...

2017/8/14

不動産ニュース 2017/8/14

国交省、不動産関連制度の改正で説明会

国土交通省は、「不動産関連制度の改正等に伴う説明会」を、9月から全国10地域で開催する。説明対象となるのは(1)改正宅地建物取引業法の施行、(2)賃貸取引に係るITを活用した重要事項説明、(3)価格査定マニュアルの使い方、など。

2017/6/13

不動産ニュース 2017/6/13

建物状況調査関連のQ&Aを公開/国交省

国土交通省は13日、同省のホームページ内の「宅地建物取引業法の改正について」のコーナーに、「改正宅建業法に関するQ&A」を追加した。「建物状況調査に関する基礎知識」「対象部位および方法」「実施する者のあっせん」「建物状況調査結果の概要に...

  1. 1

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/8/1

「海外トピックス」更新しました!

『豪』快なリモコンごみ収集【オーストラリア】」配信しました。
ブリスベンに在住するライターが、現地の「ゴミ回収」事情をレポート。日本では数人の収集作業員が集積所からごみを集め、回収車に投げ込むのが一般的ですが、豪州の回収方法は先進的で、そして豪快。記事を要チェック。