不動産ニュース / 調査・統計データ

2021/9/15

オンライン内見・重説のポイント、「当日までにアプリ等の準備を」

 不動産情報サービスのアットホーム(株)は14日、「不動産のプロが選ぶ!『オンライン内見・重要事項説明で気を付けるポイント』ランキング」を発表した。

 全国のアットホーム加盟店を対象に、オンラインで内見を案内したことがあると回答した全国のアットホーム加盟店158社および、オンラインで重要事項説明を実施したことがあると回答した全国のアットホーム加盟店152社にインターネットでアンケートした。調査期間は6月1~7日。

 内見で気を付けるポイントについては、「当日までにアプリやシステムなどの準備をしておく」(スムーズに内見を進めるため)が62%でトップ。次いで「パソコンやスマートフォンを充電しておく」(同)が51.3%、「安定した通信環境を整える」(映像や音声が不安定になることを防ぐため)が40.5%だった。

 重要事項説明で気を付けるポイントについても、「当日までにアプリやシステム等の準備をしておく」(スムーズに進めるため)が71.1%でトップ。「『契約書』『重要事項説明書』などの書類を手元に用意しておく」(スムーズに進めるため)が70.4%、「事前に『契約書』『重要事項説明書』などの書類を読んでおく」(同)が59.2%の順となった。「直接会って説明できないため、説明後に返送いただく書類に不備が多かった」といったコメントも寄せられた。

 エピソードを聞いたところ、内見では、「複数の物件をオンラインで見て、気になった物件のみを現地で見るという効率的な案内ができた」という声があった。重要事項説明では、学生のユーザーが遠方にいる親と一緒にオンラインで説明を受けるなど、遠方にいる人も同席できるというメリットが挙げられた。海外から手続きされるケースもあったという。また、県外移動や対面のやり取りを自粛している顧客からは、「コロナ感染対策になって良かった」という声も挙がっている。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

内見

不動産物件を実地に見学・調査すること。一般に、購入または賃借を検討するために実施する。 「内覧」とはほぼ同じ意味で使われている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。