不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/12/14

入居申込手続き、「自宅でWeb入力」希望が半数以上

 不動産情報サービスのアットホーム(株)は14日、オンラインでの住まい探しに関する調査結果を発表した。

 2021年3月~22年10月に賃貸物件へ引っ越しを経験(経験者)、および23年3月までに引っ越しを検討しており、現在住まいを探している(検討者)18~50歳の男女800名を対象に、インターネットによるアンケート調査を実施。調査期間は10月6~12日。

 物件の探し方について聞いたところ、経験者は48.8%、検討者は54.0%が「不動産ポータルサイトで検索」と回答。経験者・検討者ともに、「不動産ポータルアプリで検索」が続いた。また、「不動産会社のホームページで検索」がいずれも約3割、「不動産会社のSNSで検索」が1割以上いることも分かった。
 インターネットで物件を探す際に必ず見たい写真は、経験者の76.3%が「間取り図」、検討者の73.5%が「トイレ」と回答。「トイレ」と回答した人は、きれいさや広さ、温水洗浄便座かどうかを確認したいという声が挙がった。

 複数の不動産会社が同じ物件を取り扱っている場合の問い合わせの基準を聞くと、経験者は「取り扱っている物件数が多い」(36.5%)がトップに。一方、検討者は「物件写真の枚数が多い」、「物件写真がきれいで見やすい」がいずれも37.0%を占め、最多となった。
 内見方法については、経験者は「不動産会社の店舗で待ち合わせして車で訪問」(40.0%)、検討者は「現地で待ち合わせして訪問」(37.8%)がトップ。「内見はしなかった/内見はしなくてもよい」がいずれも1割以上いることから、インターネットの情報だけで十分と考えている人もいるとみている。

 また、入居申込方法については、検討者の半数以上が「自宅でWebフォームに入力」(51.0%)を希望。「現地で書類に記入」(49.8%)の希望も多いことから、いずれの方法にも対応できることが求められているとした。
 「重要事項説明と契約は対面もしくはオンラインのどちらで行ないたいか」との問いに、「オンライン」と回答した経験者は2割未満。検討者は3割以上が希望した。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。