不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/3/28

17年下期、不動産取引市場は堅調に推移

 (一財)日本不動産研究所(JREI)は27日、「不動産取引市場調査」(2017年下期)の結果を公表した。JREITや東京証券取引所等の公表事例を独自に集計。01年上期以降、約2万3,600件の取引事例を収集してデータベース化している。

 不動産取引市場の規模は、07年上期に約3兆円でピークに達し、リーマンショックが生じた08年下期には約1兆円程度まで市場が縮小。政権交代後の13年上期以降は、2兆円超と大幅に拡大した。15年下期に1兆8,000億円程度に縮小したが、その後は緩やかな増加傾向で推移している。17年下期は約2兆2,000億円。

 地域別の取引金額割合は、16年上期以降、都心5区・東京23区内の割合が減少。地方でもモノ不足感が進行する中、17年上期・下期とも、首都圏の割合が増加した。また、17年の年末にかけて外資系機関投資家による大型取引や、REITのリバランス等が相次ぎ、17年下期の都心5区の取引金額割合は増加に転じた。

 取引主体については、REITの買い越しが目立った。特にリーマンショック以降、唯一買い越しを続けるプレーヤーとして存在感を増している。17年は外資系プレーヤーが勢いを増す中、REITは静観姿勢を維持しており、REITの買越額は大幅に減少。REITが主導してきたマーケット構造に変化の兆しが見えてきている。

 外資系プレーヤーの動向については、16年下期のトランプ政権誕生以降、円安トレンドへの転換とともに、外資系プレーヤーの取得金額も増加。17年下期の外資系プレーヤーの取得金額は、過去2番目に多い約6,800億円に達し、REITの取得金額に迫る勢い。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。