不動産ニュース / 政策・制度

2018/4/16

共助による地域づくり、資金・人材の供給が課題

 国土交通省は13日、今後の共助による地域づくりのあり方検討会のとりまとめを公表した。

 同検討会は、2017年8月に設置。これまで6回にわたり、共助による地域づくりの現状や課題、今後の取り組み・施策の方向性等を議論してきた。とりまとめでは、その内容をまとめた。

 とりまとめでは、共助による地域づくりの課題を、地域づくりに必要なモノ(空間、特産物、文化)とヒト(人材、ノウハウ)、カネ(資金)が必要なところに供給されない「モノ、ヒト、カネの偏在や埋没」と、自助・公助の二分律で評価されることが多く、共助にまつわる、例えばNPO等の活動に十分な資金や人材が投入されない「既存の社会システムの限界」と設定。「地域住民」、「地域組織」、「NPO」、「企業」、「地域金融機関」、「大学等の教育機関」、「地方公共団体」の7つの主体が、それぞれの役割を担いながら協働することで課題解消が実現するとした。

 今後の取り組み・施策としては、地域づくりに関わる主体の間で、地域づくりの目標や課題について議論するプラットフォームを用意することを提案。世代やテーマに応じて「子どもチャレンジ」や、「幸雲南塾」等の地域自主組織を立ち上げている島根県雲南市等の事例を取り上げ、地域課題の内容に合わせて関係者が集合できる環境を整備すればよいとした。

 公共物を活用した共助による地域づくりも、一層拡大すべきと指摘。17年の都市公園法改正に基づく公募設置管理制度等の取り組みを推進し、地域住民や民間事業者が主体的に公共物の管理に関与できるよう工夫していくことが重要であるとした。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年8月号 日々の実務に役立つ情報満載です。
既存物件を活用して、バイタリティ溢れるスタートアップ企業をまちに呼び込む!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

平成30年度宅地建物取引士資格試験合格コース「宅建合格総合講座」アットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

価格: 6万8,040円

お知らせ

2018/7/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

最新号2018年8月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

改正宅建業法が施行され、宅建事業者に媒介契約時の「インスペクション」にかかる説明等が義務付けられてから3ヵ月。今回の編集部レポート「『インスペクションスタート』。いま営業現場は?」では、顧客の反応や問題への対応等についてもレポートします。

特集は、「地域に活力を!既存物件を活用した起業家支援」。既存物件の空室を、オフィスを見つけられず悩んでいるスタートアップ企業等向けに再生・活用し、そこを拠点にエリア活性化にもつなげている5事例を取り上げました。