不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/5/22

不動産投資家、引き続き投資意欲に積極的

 (一財)日本不動産研究所(JREI)は22日、38回目となる「不動産投資家調査」(2018年4月時点)結果を発表した。アセット・マネージャーやディベロッパー、不動産事業者など199社にアンケートを実施。134社から回答を得た。

 Aクラスビル(オフィスビル)の期待利回りは、「丸の内、大手町地区」が横ばいとなったが、その他の地区では「横ばい」と「低下」とが混在する結果に。一方、東京と比較すると相対的に利回りが高い地方都市については、すべての調査地区で0.1~0.2ポイント低下した。

 他のアセットも全体としては「低下」傾向であるが、「商業店舗(都心型高級専門店)」の低下が際立った。東京「銀座」は調査開始以来で最も低い水準となり、地方都市においてもすべての調査地区で0.1~0.3ポイント低下している。

 賃貸住宅1棟(ワンルームタイプ)の期待利回りは、東京の「城南」が4.5%で横ばい、「城東」は0.1ポイント低下した。地方都市では、利回りの低下と横ばいとが混在する結果に。

 今後1年間の投資スタンスを聞いたところ、「新規投資を積極的に行なう」が90%(前回比1ポイント上昇)に上昇。「当面、新規投資を控える」は8%(同変化なし)で横ばい。米国の金利動向や日銀の金融政策などに注目が集まり、全体としては投資家の投資意欲は積極的な姿勢が維持された。

 併せて、「『適温相場』の世界経済と不動産投資市場」の調査結果も公表(回答者数134社)。
 日本の不動産投資市場の現状認識については、「ピークに達している」との回答が72.0%(同6.6ポイント上昇)で最多。その理由は、「著しく低い利回りによる取引が多く出現している」が83.2%(同15.0ポイント上昇)で最も多かった。

 現在の世界経済に対する認識については、「『適温相場』と思う」の回答が47.0%、「『適温相場』と思わない」が28.8%だった。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/12/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.387 将来は砂浜が無くなる⁉ 知られざるワイキキのビーチ事情【アメリカ】」配信しました。
ハワイの一大観光地である「ワイキキビーチ」は、人工的に作られた砂浜だとご存知でしょうか? 風光明媚なこのビーチを保全するため、ハワイ州が取り組む「サンドプロジェクト」について、現地ライターが紹介します。