不動産ニュース / その他

2018/5/28

解体する民家の建具をDIYリノベに再利用

リユース
今回建材をリユースした住宅

 ポラスグループの中央グリーン開発(株)は26日、千葉県野田市で、住宅の解体前に建材や樹木をリユースするイベントを実施した。

 この住宅は、東武アーバンパークライン「川間」駅から徒歩十数分に立地。敷地面積約100坪、築40年弱、個人宅として建てられた。住み替えに伴い、元オーナーが同社に土地建物を売却。同社は2棟の戸建分譲にする予定。7月には建物を解体することが決まっており、5月半ばには棟下式(神事等を通して建物に感謝を示す儀式、中央グリーン開発の造語)も執り行なった。

 今回のリユースイベントは、任意団体「南房総DIYリノベチーム」が協力。同団体は千葉・南房総を拠点に空き家等のDIYリノベーションを行なっている。メンバーはNPO職員や木材店経営者、カメラマン等。平日は都内に勤める二地域居住者もいる。

 この日はスイッチ類や照明、ドア、取っ手、フェンスなどを取り外した。建具は同団体が南房総に持ち帰り、DIYリノベに使用する。神棚に使っていた長さ2m弱の一枚板は、製材して元オーナーの新居のローテーブルとして再利用されることも決まった。

 庭の樹木も伐採。元オーナーの女性が「一番思い出に残っている」と話す、庭のシンボルツリーだったイヌマキの木は、製材してローテーブルの足に再利用する。元オーナーは「解体してなくなると思っていたものが、こうして蘇るのはとても嬉しい」と語った。このほかの樹木も、同団体メンバーが地域で行なっている色鉛筆づくりのワークショップの材料として活用される。

 同社では、「従来であれば、解体後に捨てられるはずだった建材や樹木です。こうした活動を通じて再利用を促すいい循環につなげたい」という。

リユース神棚
神棚に使っていた一枚板はローテーブルとして再生する
見守るオーナー
思い入れのあるイヌマキの伐採を見守る元オーナー家族

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。