不動産ニュース / 開発・分譲

2018/5/28

免震タワマン新工法を開発/三井住友建設

一般的な工法とSulatto Rotary Towerとの住戸内プランニングの違い

 三井住友建設(株)はこのほど、新工法「Sulatto Rotary Tower」(スラット ロータリー タワー)を開発した。

 同社オリジナルの集合住宅設計システム「SuKKiT」(スキット)の技術を応用・発展させた免震型タワーマンション。扁平梁・ハイサッシによる開放感のある眺望、住戸内の梁型が半減することでの使いやすい住空間、地上120mクラスまで計画できるといったメリットがあり、地上40階建て、高さ120m程度までの高層マンションに適している。

 同社では今後、首都圏をはじめとする全国の超構想マンション開発案件において積極的に提案していく計画。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

タワーマンション

超高層の集合住宅をいう。そのかたちが塔(タワー)に似ていることから名づけられたが、タワーマンションは和製英語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。