不動産ニュース / 仲介・管理

2018/5/28

若手社会人の約半数がIoT賃貸「住みたい」

 (株)レオパレス21は24日、2018年「若手社会人のひとり暮らし」に関する意識・実態調査の結果を発表した。5月14~16日、全国で一人暮らしをしている入社5年目までの社会人未婚男女を対象に、インターネットで調査した。サンプル数は600人。

 実家暮らしから一人暮らしになり、困ったことについて聞くと、「食事」が46.5%で最多。以下、「掃除」29.5%、「体調管理」29.2%、「洗濯」21.3%と、実家暮らしの時には親に任せていた家事の回答が多かった。また「孤独」が19.0%で、5人に1人が回答している。

 また、将来的に家電の音声操作や遠隔操作、防犯機器のネットワークによる一括管理など、IoT化した賃貸住宅住みたいと思うか、という質問に対しては、「ぜひ住みたい」が17.3%、「住みたい」が29.5%と約半数がIoT賃貸住宅に住みたいと回答した。IoT賃貸住宅に住めるならば、現在の家賃にどれぐらいプラスしても良いかを聞いたところ、「1,000円以下」が22.8%で最多。「5,000円」が22.4%、「3,000円」が21.7%と続いた。6,000円以上の家賃アップを許容するという回答は7.2%にとどまった。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

IoT(インターネット・オブ・シングス)

Internet of Things。モノが人を介することなく相互に情報をやりとりする概念をいう。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。