不動産ニュース / その他

2018/6/12

民泊利用の外国人向け文例集を作成/東京都

外国人観光客向け多言語文例集

 東京都は11日、住宅宿泊事業(民泊)届出住宅のための外国人観光客向け多言語文例集を作成し、産業労働局観光部ホームページに掲載した。

 6月15日に住宅宿泊事業法が施行され、民泊が解禁となるため、利用目的別に活用できる多言語文例集を作成したもの。住宅宿泊事業者は、外国人観光旅客の宿泊者に対し、対応言語で、施設の利用案内や生活環境を守るためのルールを適切に案内することが法律上、義務付けられている。

 そこで、ガイドラインなどを踏まえて、目的別の文例やピクトグラムをはじめ、最小限の案内事項をまとめ、そのまま活用できる言語別の掲示例などを掲載。また、住宅の状況に合わせて、独自の案内が作成できるよう、編集も可能にしている。

 内容は、届出住宅の設備の使用方法に関する案内、最寄り駅等の利便施設への経路と利用可能な交通機関に関する情報、騒音・ごみの処理・火災防止のために配慮すべき事項など。

 対応言語は、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

民泊

旅行者等が一般の住宅に宿泊すること。この場合に、有償で反復継続して宿泊を提供すれば、宿泊営業に該当し、旅館業法の許可を得なければならない(「簡易宿所営業」「下宿営業」)。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年9月号

「事業承継」についてお悩みではありませんか?今回の編レポをチェック!



<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・知っ得!営業に役立つ建築基礎講座
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

平成30年度宅地建物取引士資格試験合格コース「宅建合格総合講座」アットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

価格: 6万8,040円

お知らせ

2018/8/15

「記者の目」更新しました

愛犬を健康に!進化する愛犬同伴ホテル」を更新しました。

東京建物リゾート(株)は13年よりハイグレードな愛犬同伴型リゾートを展開しており、今年の7月2日には、8施設目となる「レジーナリゾート鴨川-Dog Wellness Beach」をオープンしました。なんと、愛犬が健康になるリゾートなんだそう。どんな試みがあるのでしょうか…?