不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/6/12

民泊利用に否定的なオーナーが約8割

 (株)クレアスライフは11日、民泊に関するアンケート調査結果を発表した。不動産投資オーナー、非不動産投資オーナー363名を対象に、3月31日~4月8日にアンケートを実施。

 所有する物件を民泊として貸し出したいかとの問いに、不動産投資オーナー77%、非不動産投資オーナー60%が「思わない」と回答。物件を民泊として利用することに対し、否定的な意見が多かった。その理由については、「トラブル発生」がトップに。「設備の劣化などで資産価値が下がる」「リスクが多い」と続き、「年間180日しか稼働できない」「収益化できるイメージが湧かない」などの意見も挙がった。

 一方、「所有する物件を民泊として貸し出したい」と回答した理由は、「人口減等により入居者を確保するのが非常に困難だから」「インバウンド特需を活用したい」「訪日外国人観光客が増えるから」など。トラブル等のリスクにより国内需要が減少していく中で、外国人観光客の宿泊需要に期待する意見がみられた。

 同社は、「民泊については違法な運営や近隣住民の騒音トラブルなどのネガティブなニュースが比較的多いためか、全体的にイメージがあまり良くない印象」とし、特に物件を持っている不動産投資オーナーのほうが良くないイメージを持っている傾向がみられたとしている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。