不動産ニュース / 開発・分譲

2018/8/2

UR洋光台団地ににぎわい生む広場

プロジェクト関係者、地域住民など総勢約100名が円となり、テープカットを行なった
完成した「洋光台中央」団地の広場。今後各種イベントなどが開催される予定

 (独)都市再生機構(UR都市機構)は、UR賃貸住宅「洋光台中央団地」(横浜市磯子区、総戸数1,276戸)の広場リニューアル工事を竣工。1日にオープニングセレモニーを開催した。

 リニューアル工事は、UR都市機構が横浜・洋光台にある北・西・中央の3ヵ所の団地で行なう大規模な再生事業「団地の未来プロジェクト」の一環。高度経済成長期に大量供給された団地の利活用を目的に、同エリアの団地を建設後40年以上経過した“郊外型ストック再生”のモデルエリアとして選定。地域周辺を巻き込んだ次世代のまちづくりを推進している。
 各界の有識者・地域住民と意見交換を実施、住棟外壁のリニューアルを行なったほか、住民同士の交流を生む各種イベントの開催など、エリア活性化に努めてきた。

 約4,000平方メートルの広場は、建築家の隈 研吾氏がデザイン監修。従前はコンクリートに囲まれ無機質な印象だったが、主な構造材に自然素材やリサイクル材を多用、温かみのある空間とした。木製の縁台(ベンチ)や植栽を随所に配置。また、街区へとつながる2階デッキを新設することで、エリアの回遊性を向上させた。

 セレモニーには、隈氏やプロジェクトディレクターを務めるデザイナーの佐藤 可士和氏などが参加。プロジェクトの関係者や地域住民など約100人が円になり、テープカットを行なった。
 挨拶に立った、洋光台まちづくり協議会会長の三上勇夫氏は、「7年前、このまちをどうするかという課題が挙がったとき、駅前の回遊性を創出したいと思った。今回完成した広場によってまちににぎわいが生まれている。今後も将来につなげていけるような提案を重ねていきたい」などと語った。
 また、UR都市機構理事長の中島正弘氏は、「戦後生まれた大量の団地の再生が少子高齢化などの社会問題を解決する鍵になるのではないか。今後も同エリアをモデルプランにさまざまなアプローチを展開していく」などと抱負を述べた。

 また、洋光台団地では9月に、16年に行なわれたデザイン・コンペティションの最優秀案を基にして、「北団地集会所」を着工する予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年6月号 日々の実務に役立つ情報満載です

改正ポイントをチェックして、実務にお役立てを!

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/5/10

「記者の目」更新しました

築古建物、息を吹き返せるかどうかはアイディア次第」を更新しました。
昨今、遊休化した社宅物件を再生、活用する動きが各所で見られる。今回は、再生が困難なはずの築古の社宅・社寮物件を、持ち前の発想力、マーケティング力で人気物件へと生まれ変わらせた事例を紹介!