不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/8/20

対話型AIシステム市場、22年は132億円に

 (株)矢野経済研究所は20日、2018年の対話型AIシステム市場動向に関する調査結果を発表した。

 17年7月~18年6月の期間、チャットボット、バーチャルアシスタントなどテキストおよび音声を介して人と対話を行なう対話型AI技術を開発、提供する国内企業を対象に調査。対話機能を持つデバイス(スマートスピーカーやスマートフォン、ロボット等)などハードウェアは含まない。

 国内の対話型AIシステムは、16年頃から市場が本格的に立ち上がり、17年の市場規模(事業者売上高ベース)は11億円と推計。
 同システムは、接客や問い合わせ対応など、利用目的がわかりやすいためにAIシステム導入の入口となる技術として関心を集めている。LINEやFacebookなど利用率が高いSNSやメッセージツール等をプラットフォームとするチャットボットも提供されるようになり、システムの利用者は増加。また、企業では「働き方改革」をきっかけとした業務の効率化を目的に、活用する動きがみられる。

 20年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されるため、世界に向けた日本の先端技術のPRや多言語対応による接客を目的に利用が拡大する見込み。また、現在は対話の方法はテキストが中心だが、音声をインタフェースとした対話の利用も拡大していくとみられ、同社では20年の市場規模は87億円まで拡大すると予測している。

 一方、人間並みに自然な対話を行なうことは技術的にまだ難しく、利用者の満足度の高い対話システムを構築・維持するにはコストが高いという課題があるため、初期段階の導入が一段落する21年以降は市場の伸び率はやや緩やかに。利用上の課題の見直しや適正な用途で利用される傾向が強まる見込みで、22年の同市場規模は132億円になると予測した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年12月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・知っ得!営業に役立つ建築基礎講座
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/11/14

「記者の目」更新しました

地域で“求められている”ものを創り出す」を更新しました。
働き方改革などの影響により、コワーキングオフィスやシェアオフィスなど、多様なオフィスが各地で増えています。それらはオフィス運営企業が提供しているものがほとんどですが、今回取材したシェアオフィス「NAGAYA清澄白川」は、地域住民が中心となった法人が開業しました。取り組みを開始した経緯とは?