不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/9/27

住みたい街、「恵比寿」が4年連続トップ

 大手マンションディベロッパーで運営する新築マンションポータルサイト「MAJOR7(メジャーセブン)」は27日、2018年度の「住んでみたい街アンケート」結果を発表した。調査対象は、現在の住所地が首都圏(1都3県)・関西圏(2府2県)のメジャーセブン各社のネット会員。集計数は、首都圏3,094人、関西圏810人。調査時期は8月7~19日。

 首都圏の住んでみたい街トップは「恵比寿」で4年連続の1位。次いで、2位は「品川」(前年度6位)、3位「自由が丘」(同2位)、4位「目黒」(同5位)、5位「吉祥寺」(同4位)。理由は、恵比寿、自由が丘は「交通の便」「おしゃれさ」、品川は「交通の便」「今後の発展に期待できる」、目黒は「交通の便」、吉祥寺は「施設の充実」「利便性」「自然環境」「公園の多さ」など。

 関西圏は3年連続で「西宮北口」がトップ。2位は「夙川」(同変動なし)、3位は「梅田」(同4位)、4位は「岡本」(同3位)、5位は「宝塚」(同7位)となった。理由として、西宮北口、梅田、江坂では「交通の便」「商業施設の充実」、夙川、岡本、宝塚では「閑静な街並み」「街並みのきれいさ」が挙がった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年2月号
日々の実務に役立つ情報満載です

特集では、2019年の不動産業界をめぐる出来事を総ざらい!ぜひご一読を。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/1/7

「記者の目」更新しました!

あえて“2割”が欲しがるマンション」更新しました!
今後消費の中心となるミレニアル世代向けに、各社が同世代向け住宅やホテル開発を活発化させています。「デジタルネイティブ」と呼ばれる彼らは、それ以前の世代と比べ価値観も大きく異なります。今回は、あえて“少数意見”に着目して開発したマンションプランを紹介!開発のポイントは……「アンバランス」!?