不動産ニュース / 開発・分譲

2018/10/30

高精細VRシステムを開発/凸版印刷

画面イメージ

 凸版印刷(株)は、VRシミュレーションシステム「トッパンバーチャルモデルルーム」を開発。11月より本格販売を開始する。

 同社がこれまで培ってきた高精細な画像処理技術により、バーチャル空間に内装や家具などのリアルな質感表現を可能にしたシステム。ゲーム型コントローラーを用いて空間内を自由に移動でき、見る人の身長に合わせた視点の高さの変更や窓からの眺望も表示できる。

 床や扉、壁紙などを好みのデザインに瞬時に切り替えられるほか、間取りやインテリアスタイルの変更も瞬時にできるため、短時間で効率的に多彩なプランを提示することができる。

 メインターゲットはマンションディベロッパー。2020年に約20億円の売り上げを目指す。

日照などによる部屋の見え方の変化も再現(昼)
夜の見え方をを再現したイメージ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年7月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

緊急事態宣言下の地域事業者の奮闘を取材!新たなビジネスアイディアも。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/1

「海外トピックス」更新しました!

Vol.370 暮らしの視界にもっとアートを!ビル外壁を利用して街を美術館にする試み【アルゼンチン】」配信しました。
アルゼンチン第3の都市ロサリオは、多くの芸術家を輩出したまちとして有名。そんな同地では、建物の外壁に巨大壁画を設けるアート・プロジェクトが行なわれています。アートを身近に感じるまちづくりの魅力に、現地ライターが迫ります。