不動産ニュース / 開発・分譲

2018/10/30

大京がホテル開発に参入。札幌で初弾

札幌で開発するホテルのイメージ

 (株)大京は30日、ホテル開発事業に着手すると発表した。

 6月に立ち上げたソリューション事業部が主導。同事業部では、「ホテル開発事業」および「賃貸マンション開発事業」「CRE戦略支援事業」「オフィスビル開発事業」等を推進している。

 ホテル開発事業については、近年増加し続けている訪日外国人の宿泊ニーズに対応するため、日本全国の主要都市で事業化する計画。福岡市・札幌市・熊本市での事業化がすでに決定している。

 新規ホテルの開発事業の概要は以下の通り。

・「福岡市中央区」
敷地面積:1,241.44平方メートル。地上12階、242室
開業予定:2021年9月

・「札幌市中央区」
敷地面積:1,071.87平方メートル。地上12階、182室
開業予定:20年6月

・「熊本市中央区」
敷地面積:788.81平方メートル。地上10階、200室
開業予定:21年1月

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年2月号
日々の実務に役立つ情報満載です

特集では、2019年の不動産業界をめぐる出来事を総ざらい!ぜひご一読を。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/1/7

「記者の目」更新しました!

あえて“2割”が欲しがるマンション」更新しました!
今後消費の中心となるミレニアル世代向けに、各社が同世代向け住宅やホテル開発を活発化させています。「デジタルネイティブ」と呼ばれる彼らは、それ以前の世代と比べ価値観も大きく異なります。今回は、あえて“少数意見”に着目して開発したマンションプランを紹介!開発のポイントは……「アンバランス」!?