不動産ニュース / 仲介・管理

2018/11/2

モード学園とコラボ、DIYデザインのモデル

モード学園学生の提案によるDIYデザインルーム

 (株)レオパレス21は10月31日、学校法人日本教育財団東京モード学園とのコラボレーションによる「DIYデザインコンテスト」の最優秀賞受賞作品「BookBoxHouse」を施工したショールーム(東京都中野区)を公開した。

 同コンテストは、同社のサービス「myDIY」のブランディング課題を東京モード学園インテリア学科の授業の一環として、同学科学生のアイディアで解決するもの。今年で3回目。学生たちがチームを組み、予算12万円の範囲内で材料を集めることを前提に、自由な発想でインテリアを提案してもらっている。12チーム・51名が参加。レオパレス21の社員の投票により、最も評価が高かった作品を、実際に学生に施工してもらっている。

 最優秀賞の「BoxBookHouse」は、合板を加工して作った定型のBOXを組み合わせ、収納、TVラック、机、椅子などのインテリアとしたもの。仮想ターゲットは、読書好きの女子大生としたが、BOXの組み合わせによりターゲットに応じたインテリアへ対応できる。

 10月17日、作品を提案した同学科の橋本哲周氏ほか4名のチームが、ショールームへ施工した。同学科の生徒たちも、その様子を見守った。

 31日の発表会で挨拶したレオパレス21学校法人営業部営業部長の庄司雅博は「この作品は、20歳代の女子大生をターゲットにデザインしたと伺っているが、社員投票では、女性の支持はもちろんのこと、男性からも多くの支持を得た。それは『実現性』『可変性』『収納性』において優れた作品であったためと考えている。一人暮らしの生活がよく考え抜かれ、特に『可変性』と『収納性』が弊社社員に大きく響き、最優秀賞に繋がった」と講評した。

 また、東京モード学園インテリア学科教師の関口 崇氏も「当学科の学生は3Dを描いたりするのは得意だが、実際作るという行為は経験がない。木の箱を1つ作るだけでも、どんな材料を用意し、どんな順番で何をするのか考えなければならない。学生たちはコンテストでそれを経験し、作る経緯を知ることで、デザインがPC上で完結するものではないことを学んだ。レオパレス21さんとのコラボは3回目だが、学生たちもDIYを継続するためのデザインを考えることを念頭に置き、デザインしていた。もしデザインが商品化できれば、レオパレスさんもDIYを活性化させることができ、学生もデザインしたものが世の中で発売されて企業・入居者のためになっていると感じられるのではないか」などと語った。

施工中の風景。限られた予算の中で材料を買い集め、自分たちでBOXを組み立てた

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

DIY

自分自身でモノの製作や修理を行なうこと。DoItYourself(あなたが自ら行なえ)の略語。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/25

「記者の目」更新しました!

分譲マンションにも『働き方改革』の波」配信しました。
近年、「ワークスペース」をウリにした新築マンションが増えてきているのをご存じだろうか。その背景には、共働き世帯の増加や、テレワーク、副業など多様な働き方の定着がある。今回、郊外型・都市型マンションそれぞれで、ワークスペースを設けたマンションを紹介。その工夫と特徴をレポートする。