不動産ニュース / 団体・グループ

2018/11/8

全日、金沢で全国会議。中期ビジョン策定を公表

全日
多数の来場者と来賓が集まった

 (公社)全日本不動産協会(理事長:原嶋和利氏)は8日、石川県立音楽堂(石川県金沢市)で「第54回全国不動産会議石川県大会」を開催。全国の会員や地元市民に加え、国土交通省建設流通政策審議官の北村知久氏、石川県副知事の竹中博康氏らを来賓として、約1,500人が参加した。安倍晋三内閣総理大臣がメッセージを寄せた。

 今大会のメインテーマは「伝統・文化・食『本物への挑戦!』来まっし、観まっし、食べまっし」として、石川県中小企業団体中央会会長で前金沢市長の山出 保氏による記念講演が行なわれた。さらに、金沢市職員や有識者が、「生涯活躍のまち」構想を題材として地域における行政と不動産業の役割についての調査研究発表などが行なわれた。

 冒頭に挨拶した原嶋氏は、「人口減少や少子高齢化が進む中で、国の住宅政策がストック重視に転換。また、情報システム技術の進化など、不動産業を取り巻く環境は大きく変化している。こうした中で、協会の今後の指針となる中期ビジョンの策定が7日の理事会で承認された。このビジョンの下、既存住宅流通の活性化など、われわれが直面する課題に対して行政と連携しながらしっかりと対応していきたい。会員の業務支援についても、会員の声を汲み取りながら取り組んでいく」などと述べた。

 また大会では、政府関係機関に対して人口減少・少子高齢化社会といった業界を取り巻く環境変化に対応し、「活気ある既存住宅流通市場形成のための諸施策の推進並びに税制の実現」「空き家や所有者不明土地の有効活用に向けた官民連携による施策の推進」を要望する大会宣言案を採択した。

 次回の大会は高知県で開催する。

原嶋さん
中期ビジョンの策定を明らかにした原嶋理事長

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年12月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・知っ得!営業に役立つ建築基礎講座
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/11/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

 最新号2018年12月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

特集は、毎年恒例の人気企画「活躍する地場企業の戦略を探る―2018」。今年は北海道から沖縄まで、11社を取り上げました。「海外での実務経験」や、「大学前の立地」を活かした顧客のターゲティングや、「京町屋専門仲介・管理」など専門特化型など、各社、さまざまな取り組みをしています。