不動産ニュース / 仲介・管理

2018/11/14

スタートアップの“次”のオフィス、新宿にオープン

「新宿ワープ」外観

 (株)ヒトカラメディアはこのほど、レンタルスペースを併設した小規模企業向けオフィス「新宿ワープ」(東京都新宿区)をオープンした。

 JR各線「新宿」駅徒歩10分、都営大江戸線「都庁前」駅徒歩8分など、複数路線の使用が可能な立地。築50年超のビルをリノベーションした。

 「5人程度までを対象としたスモールオフィス、そして数十名規模で入居する一般的なオフィスは市場に多く供給されているが、その間の規模でスモールオフィスのように気軽に入退去できるものは少ない。その層に向けたオフィスとして開発した」(同社事業開発チームワープ責任者・日比野 亮二氏)。2階(約51平方メートル)・3階(約66平方メートル)は、内装や家具を備えたオフィス。「スタートアップ企業がマンションやレンタルオフィスから移転する時に求めるニーズを具現化」(日比野氏)し、入居に際しては、敷金・礼金は不要、前家賃と事務手数料のみで入居できる形とした。解約予告も2ヵ月前に設定、原状回復義務も免除している。契約は1年間の定期借家契約。

 1階はキッチン付きのレンタルスペース。収容人数は、着席で約30人、スタンディングで約40人。プロジェクターなども備えており、イベントやパーティ、ミーティングなど多様な活用ができる。屋上もレンタルスペースとして運用する計画で、今後フェンスの設置やテーブルセットなどを導入する。なお、2階・3階のテナントは、1階・4階のレンタルスペースに予約が入っていない時は、ラウンジとして自由に使用できる。

 2階はすでに入居済みで、10月末からリーシングを開始した3階も、すでに申し込みを得ているという。

1階のレンタルスペース。写真左手側にキッチンがある。入口入って右手(写真上)は会議などにも使用できるスペースを設けており、可動間仕切りを動かすことでクローズドな空間を創出できる(写真右)
オフィス部分は内装済みで、家具も備えているため、契約後すぐにビジネスに取りかかることができる

この記事の用語

スタートアップオフィス

起業のための事務所。和製英語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年1月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/12/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

 最新号2019年1月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

デジタル技術の発展は、日進月歩の世界。不動産業界でも近年、そうした技術を活用する動きがみられますが、果たして不動産業務はどう変わっていくのでしょうか?今回は、巻頭のグラビアページ「流通フラッシュ」と、特集で各社の取り組みを紹介します。
また、短期連載「郊外住宅団地の再生・活性化策を探る」もスタート!建物の老朽化や入居者の高齢化等の課題を抱える大規模住宅団地は少なくありませんが、URや住宅供給公社ではハード・ソフトの両面から課題解決を進めています。初回は「入居者の高齢化問題」にスポットを当て、取り組みをレポートします。