不動産ニュース / 政策・制度

2018/11/27

建物付属のブロック塀、耐震診断を義務化

 27日、「建築物の耐震階数の促進に関する法律施行令の一部を改正する政令」が閣議決定した。

 災害時にブロック塀等の倒壊によって通行障害を生じることを防ぐのが狙い。耐震改修促進法における「通行障害建築物」に、通行障害建築物の前面道路に面する部分が長さ25mを超え、かつ高さが一定基準以上のブロック塀等を追加する。これによって都道府県・市町村が耐震改修促進計画に記載する避難路の沿道にある一定規模以上の既存耐震不適格のブロック塀等に、耐震診断が義務付けられる。

 公布は11月30日、施行は2019年1月1日。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

建築物の耐震改修の促進に関する法律

建築物の耐震改修を進めるための措置を定めた法律。1995(平成7)年に公布、施行された。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。