不動産ニュース / 開発・分譲

2018/11/30

ナイス、家事時間最短にする水回り・収納提案

パワークローゼットイメージ
パワー洗面室イメージ

 ナイス(株)は、共働き・子育て世帯(DIWKS=ダブル・インカム・ウィズ・キッズ)の家事時間を最短にするための水回り・収納の新コンセプト「DIWKS PARFAIT(デュークスパフェ)」を、自社建売住宅、注文住宅ユーザーに提案していく。

 住宅における共働き夫婦の生活提案の多くが、「癒し」や「くつろぎ」をテーマにしているのに対し、デュークスパフェは、家事動線効率を極限まで追求し、家事を家族全員でシェアすることで、日々のタスクをやり切ることを目指した。兼業主婦を含めた同社の女性社員を中心としたワークショップで主婦の意見を収集、反映した。

 新開発の「パワーキッチン」「パワー洗面室」「パワークローゼット」をつなぎ、寝室~クローゼット~洗面室~キッチンの2WAYアクセスと、玄関~クローゼット~洗面室~キッチンの2WAYアクセスにより、出勤前、帰宅後の身支度時間の最短化を図る。

 「パワーキッチン」は、キッチン家電や食器・食材類を効率的に収納できる大型のパンドリーを設置。「パワークローゼット」は、家族全員の衣類を収納でき、クローゼット内で着替えができる広さも確保。「パワー洗面室」は、夫と妻が同時に身支度できるダブルボウルとランドリークローク、物干しバーを設置。乾いたらそのままクローゼットに収納できる最短動線としている。提案価格は未定だが、標準仕様との差し替えとなるため、大幅なユーザー負担はないとしている。

 同社はこれまで、長期優良住宅同等の耐震強度を持つ「パワーホーム」など、建物の耐久性や安全性を前面に出したセールスを展開してきたが、今回のコンセプト提案を機に、生活提案にも踏み込んでいく。たまプラーザの「住まいるギャラリー」や建売住宅の一区画に設ける「街かどモデルハウス」で実商品を紹介。今後はユーザーの声を踏まえつつ、新たな提案を付加。一戸建てだけでなく、新築マンションやリノベーションでの提案も検討していく。

 すてきナイスグループ(株)代表取締役社長の木暮博雄氏は「来年2月に行なう『住まいの耐震博覧会』を契機に、全国展開を図る。この提案をきっかけに一戸建住宅の販売底上げを狙う。当面の目標は年間150戸への採用」と抱負を語っている。

出勤前、帰宅後の動作を反映した動線により、身支度時間の最短化を図る

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年1月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/12/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

 最新号2019年1月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

デジタル技術の発展は、日進月歩の世界。不動産業界でも近年、そうした技術を活用する動きがみられますが、果たして不動産業務はどう変わっていくのでしょうか?今回は、巻頭のグラビアページ「流通フラッシュ」と、特集で各社の取り組みを紹介します。
また、短期連載「郊外住宅団地の再生・活性化策を探る」もスタート!建物の老朽化や入居者の高齢化等の課題を抱える大規模住宅団地は少なくありませんが、URや住宅供給公社ではハード・ソフトの両面から課題解決を進めています。初回は「入居者の高齢化問題」にスポットを当て、取り組みをレポートします。