不動産ニュース / 政策・制度

2018/12/20

瑕疵担保、「基準日届出手続」を電子化へ

 国土交通省は20日、第3回「制度施行10年経過を見据えた住宅瑕疵担保履行制度に関する検討会」(座長:犬塚 弘弁護士)を開催した。

 住宅瑕疵担保履行制度では、建設住宅性能評価書が交付された新築住宅に関する相談体制、裁判外の紛争処理体制を整備。(公財)住宅リフォーム・紛争処理センターの電話相談で受け付け、そこで解決しなかった場合、「弁護士・建築士による専門家相談」もしくは「指定住宅紛争処理機関によるADRの実施」を紹介するという体制を整備している。今回は、その利用実態などを踏まえながら、消費者保護の充実策と事業者の手続きの合理化・簡素化について方向性を示した。

 消費者自ら自宅が紛争処理制度の対象住宅かどうかが簡単に確認できる体制の構築を図るほか、評価住宅や保険付き住宅のリフォーム物件や住宅瑕疵担保責任任意保険(通称:2号保険、法律上の資力確保義務の対象ではない事業者が任意で加入することができる保険)の対象住宅についても一定条件を満たせば紛争処理制度の対象住宅に含める案を示した。また、保険法人の認可や住宅瑕疵保険に関する手続きの合理化・簡素化を進めるほか、件数が多く反復性の高い「基準日届出手続」(新築住宅を引き渡した建設事業者および宅建事業者が基準日ごとに資力確保状況について届け出るもの)の電子化も検討する。

 委員からは「最も相談件数を受ける件数多い事業者から紛争処理制度を顧客へ案内する流れを整えた方がいい」「既存住宅の対象も拡大していくべきだが、問題が複雑化していく可能性があるため、それら対応できる体制構築が必要」「トラブル防止のためには紛争事例の共有・活用が重要」などの意見が挙がった。

 今後は、第4回検討会を3月に開催し、年度内に中間とりまとめを発表。関係団体等のヒアリング等を踏まえて、19年10月頃に最終とりまとめを発表する予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

住宅瑕疵担保責任

新築住宅に瑕疵があった場合に、売り主または工事請負人が負うべき契約不適合責任(瑕疵担保責任)。「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に基づいて定められている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年2月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/1/18

「記者の目」更新しました

減るなら作ろう「京町家」」を更新しました。
昔ながらの佇まいが外国人観光客からも人気な「京町家」だが、現代の住まいに求められる要素が無く、古くからものは既存不適格物件であることなどから、その数は激減し絶滅寸前だ。そこで、(株)八清は京町家の新築分譲プロジェクトをスタート!京町家の再生を進めている。