不動産ニュース / 開発・分譲

2018/12/25

仙台駅前で、敷金等を無料とするオフィス

 (株)日本商業不動産保証は、(株)ヒューモス(仙台市青葉区、代表取締役社長:豊岡順也氏)が「仙台」駅前に保有するオフィスビル「ヒューモスファイヴ」へ企業が入居する際に、連帯保証人・保証委託料・退去時の原状回復費用・敷金を不要とする新サービス「フラットオフィス」の提供を開始した。

 入居時の資金負担がハードルとなるベンチャー企業等の負担する敷金を無料とし、連帯保証人は日本商業不動産保証による保証契約により不要とする。これにより、企業のオフィス移転のハードルを下げる狙い。テナント企業はオフィス移転の際の初期費用を大幅に下げることができるほか、ビルオーナーはこれらのメリットを付加価値としてテナントに発信できる。

 同サービスは「ヒューモスファイヴ」の一部区画でのサービスとなる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。