不動産ニュース / 開発・分譲

2019/1/17

大阪市内最大規模のタワマン/住友不

「シティタワー大阪本町」外観

 住友不動産(株)はこのほど、単独売り主としては大阪市内最大規模となる超高層レジデンス「シティタワー大阪本町」(大阪市中央区、総戸数854戸)を着工した。

 同社は、2003年に当時西日本一の高さとなる「シティタワー大阪」(大阪市中央区、総戸数357戸)を竣工。その後も「セントラルレジデンスタワー天王寺シティタワー」(大阪市天王寺区、総戸数154戸)、「シティタワー堀江」(大阪市西区、総戸数179戸)等を開発し、大阪都心エリアのタワーマンションブームを牽引してきた。

 「シティタワー大阪本町」は、大阪メトロ各線「本町」駅から徒歩5分。周辺には大阪市役所や中央区役所など行政の中枢機能や、関西経済を牽引する企業が集積している。敷地面積約5,594平方メートル。鉄筋コンクリート造地上48階建て。延床面積約8万8,188平方メートル。間取りは1LDK~4LDKで専有面積は37.04~127.90平方メートル。

 19年9月下旬より販売開始、21年11月中旬に竣工、22年3月上旬より入居開始の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。