不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/1/18

18年の訪日外国人、3,119万人で過去最多

 日本政府観光局(JNTO)は16日、2018年の訪日外国人客数を公表した。

 同年1~12月の訪日外国人客数推計は3,119万1,900人(前年比8.7%増)となり、統計を開始した1964年以降で最多となった。

 東アジア市場を中心に自然災害による旅行控えがみられたものの、年末までに同市場のすべてで前年同月を上回るまで回復。また、東南アジア市場における訪日旅行プロモーションが需要を創造、欧米豪市場については、好調なクルーズ船需要やグローバルキャンペーンの実施により、年間を通じて好調に推移した。

 国別では、中国が838万人(同13.9%増)となり、全市場ではじめて800万人を達成。また、タイが113万人(同14.7%増)となり、東南アジア市場で初めて100万人を突破した。

 欧米では、米国が152万6,500人(同11.0%増)で最多。以下、英国の33万4,000人(同7.6%増)、カナダの33万500人(同8.2%増)と続いた。

 この結果、調査している20市場のうち、香港(220万人、同1.1%減)を除く19市場で過去最高を記録した。

 一方、出国日本人数は1,895万4,000人(同6.0%増)となった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。