不動産ニュース / ハウジング

2019/1/18

浦安のシニア向け分譲マンション着工/ミサワH

「ミサワホーム浦安シニアマンション(仮称)」外観イメージ

 ミサワホーム(株)は18日、アクティブシニア向け分譲マンション「ミサワホーム浦安シニアマンション(仮称)」(千葉県浦安市、総戸数88戸)の起工式を執り行なった。

 同社が進めているまちづくり事業ブランドの一環で、スマートウェルネス構想を実現する複合商業施設「ASMACI(アスマチ)浦安」と、浦安中央病院にも隣接。1km圏内ではミサワホームが複合福祉施設「(仮称)ASMACHI浦安富岡」(千葉県浦安市)を建設しており、地域包括ケアシステムの恩恵を受けることができる(関連ニュースはこちら)。

 東京メトロ東西線「浦安」駅、JR「新浦安」駅へ専用シャトルバス10分、JR「舞浜」駅よりバス10分バス停下車徒歩2分。敷地面積4,553.80平方メートル、延床面積7,788.91平方メートル、鉄筋コンクリート造地上4階建て。専有部の間取りは、1LDK~2LDK。入居者同士が気軽に交流を持つことができる設備を備えコミュニティの活性化につなげるほか、カラオケや演奏ができるスタジオ、プライベートバスなど趣味などを楽める施設も設ける。

 販売開始は2019年3月、竣工は20年3月の予定。

 起工式で挨拶した同社取締役会長の竹中宣雄氏は「3年前に住生活基本計画が更新され、老朽化していくまちにいろいろな機能を持たせることによって活性化していく方針が打ち出された。私は浦安に40年住んでいるが、40年前とは住む方の年齢が変わり、まちとして必要な機能が変化してきている。こうした地域は日本全国にたくさんある。われわれも新しいまちづくりをして住宅地域の活性化に応えていきたい」などと述べた。

起工式の様子。前列左から2番目がミサワホーム(株)取締役会長の竹中宣雄氏

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

有料老人ホーム

高齢者住宅・施設の代表格。老人保健法では、「高齢者を入居させて、入浴、排泄、食事などの介護、食事提供など日常生活の上で必要な便宜を提供する施設」と定義されている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。