不動産ニュース / 仲介・管理

2019/1/22

AI清掃ロボットの実証実験/三菱地所

AI(人工知能)を搭載した清掃ロボット「Whiz」

 三菱地所(株)は22日、本社のある大手町パークビルディングで行なっているAI(人工知能)を搭載した清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」の実証実験を報道陣に公開した。実証期間は1月17~23日。

 「Whiz」は、同社が出資をし、ソフトバンクロボティクス(株)が開発した、自律走行型の清掃ロボット。
 事前に、清掃員等が同機を手押しし、清掃エリアの地図データを作成・記憶。作成した地図データを基に、自律走行で清掃する。1時間に500平方メートルの清掃が可能で、1回の充電で最大約3時間稼働。清掃ルート上に人・障害物があった場合も、搭載された複数のセンサーが検知することで、回避しながら清掃を続ける。

 同機の導入により、人手不足が課題のビルメンテナンス業界の業務効率化を推進する狙い。実証実験では、利用場所の形状や床材の違いによる清掃性能・効率の差異などを確認し、省人化の効果や導入に向けた最適な利用箇所等の検討を行なう。

 同日説明に立った、同社ビル運営事業部・経営企画部 DX推進室統括の渋谷 一太郎氏は、「床面の清掃は同機に任せつつ、家具など人の手が必要な部分は清掃員の方が清掃を行なうことで、かなりの業務効率化につながる。2019年4月に実導入し、当社グループが所有、運営・管理する全国のオフィスビル、商業施設、空港等で約100台を順次展開する。大手町パークビルディングのほか、3月に開業予定の下地島空港、4月から当社が運営・管理を行なう静岡空港で導入を予定している」などと述べた。

手押しをし、清掃エリアの地図データを作成・記憶させる
起動時。手押し時に作成した地図データを基に、手押し時の走行ルートを忠実に再現する

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。