不動産ニュース / 仲介・管理

2019/1/22

AI清掃ロボットの実証実験/三菱地所

AI(人工知能)を搭載した清掃ロボット「Whiz」

 三菱地所(株)は22日、本社のある大手町パークビルディングで行なっているAI(人工知能)を搭載した清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」の実証実験を報道陣に公開した。実証期間は1月17~23日。

 「Whiz」は、同社が出資をし、ソフトバンクロボティクス(株)が開発した、自律走行型の清掃ロボット。
 事前に、清掃員等が同機を手押しし、清掃エリアの地図データを作成・記憶。作成した地図データを基に、自律走行で清掃する。1時間に500平方メートルの清掃が可能で、1回の充電で最大約3時間稼働。清掃ルート上に人・障害物があった場合も、搭載された複数のセンサーが検知することで、回避しながら清掃を続ける。

 同機の導入により、人手不足が課題のビルメンテナンス業界の業務効率化を推進する狙い。実証実験では、利用場所の形状や床材の違いによる清掃性能・効率の差異などを確認し、省人化の効果や導入に向けた最適な利用箇所等の検討を行なう。

 同日説明に立った、同社ビル運営事業部・経営企画部 DX推進室統括の渋谷 一太郎氏は、「床面の清掃は同機に任せつつ、家具など人の手が必要な部分は清掃員の方が清掃を行なうことで、かなりの業務効率化につながる。2019年4月に実導入し、当社グループが所有、運営・管理する全国のオフィスビル、商業施設、空港等で約100台を順次展開する。大手町パークビルディングのほか、3月に開業予定の下地島空港、4月から当社が運営・管理を行なう静岡空港で導入を予定している」などと述べた。

手押しをし、清掃エリアの地図データを作成・記憶させる
起動時。手押し時に作成した地図データを基に、手押し時の走行ルートを忠実に再現する

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年3月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/2/12

「記者の目」更新しました

団地空室を惣菜店に。入居者参加型で改修」を更新しました。
人口減少や少子高齢化などで賃貸住宅の空室率が高まる中、住宅のバリューアップなどに各社が取り組んでいます。今回は、大阪府住宅公社が団地内の空き住戸を「惣菜店」へ転用した事例を紹介。買い物に行くのが大変な高齢者のニーズに対応しただけでなく、イートインスペースも設けたことで、コミュニティの活性化にもつながっているそうです。