不動産ニュース / その他

2019/3/5

スムストック、捕捉率20%を目指す

「スムストックが先導モデルとして評価されるよう、アピールしていく」と話す阿部会長

 (一社)優良ストック住宅推進協議会(スムストック)は4日、笹川記念会館(東京都港区)にて「スムストックレポート2019」を開催し、活動報告などを行なった。

 18年度(18年7月~19年6月)の成約件数は1,800件(前年比3%増)となる見込み。累積成約数は18年末時点で1万362棟と見込んでいる。会員が建設したストックの流通数に占める仲介数(流通捕捉率)は、約15%となる見込み。
 18年12月末までの成約事例から見た取扱物件の平均像は築年数17.6年、延床面積128.55平方メートル、建物成約額は1,064万円で、新築時の建物価格2,361万円の約45%となっている。築年数別では、築21年以上の物件が約37%を占め、建物平均価格は546万円。築31年以上でも333万円となった。

 物件の査定等、仲介実務を行なうスムストック住宅販売士は18年末時点で6,290人。資格保有者は年々増加しているが、さらにスムストックの普及を図るため、18年7月に「スムストック販売士資格制度」を改定。従来、販売士試験に合格し、宅地建物取引士の資格を持つ人のみが認定証を交付されていたが、新たに同資格がなくとも合格者証を交付することとし、販売に直接携わることができなくても「新築」や「アフターサービス・リフォーム」の面からPRできるようにした。

 また、18年8月に策定した中期計画の遂行状況を報告。同計画では、年間1万棟・捕捉率20%の達成を基本方針として、「安心R住宅制度の推進」や「『スムストックブランド』の新たなる構築」、「新たな連携強化策の推進」等を盛り込んでいる。

 安心R住宅制度の標章使用物件については、78%が媒介物件であり、すべてに瑕疵保険を付保していることも明らかに。また、標章使用後の成約日数は平均50日であり、一般的なストック物件よりも早期に売却できる傾向にあるとした。

 その他、ブランドの再構築を目指し、ブランドワーキングをスタートしたほか、新たなステイタスである「販売士試験合格者」と「販売士」がその役割を明確にし、連携強化に努めているとした。

 会の冒頭、同協議会会長の阿部俊則氏は、「既存住宅流通市場の活性化は政府も進めているところであるが、われわれがリードしていきたいと思っている。かねてからスムストックの捕捉率を流通市場の20%まで引き上げることを目標にしているが、3年以内には達成させ、スムストックの認知度を深めていきたい」と挨拶した。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年8月号
日々の実務に役立つ情報満載です

ビジョンのキーワードである「不動産最適活用」に取り組む事業者への取材等を通し、今後必要となる経営戦略を探りました!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(税込、送料無料)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円(税込、送料無料)

お知らせ

2019/7/9

「記者の目」更新しました

「事故物件」の流動化に挑む」更新しました!
最近、よく耳にするようになった「事故物件」。心理的瑕疵の心配があることから取引を避ける不動産仲介会社が多く、市場に出回っても不当な安さで買い叩かれるなど、物件所有者の苦労は計り知れない。「事故」の内容が自殺や殺人事件ならともかく、自然死(孤独死)までもが同一視されるために、超高齢化社会の日本において、頭を悩ませるオーナーがますます増加することも想像できる。今回は、そうしたオーナーを救うためにつくられた事故物件専門サイト「成仏不動産」に注目。運営会社を取材した。