不動産ニュース / リフォーム

2019/3/7

池上駅周辺でリノベPJ始動/東急電鉄他

 東京急行電鉄(株)と大田区は6日、「地域力を活かした公民連携によるまちづくりの推進に関する基本協定」を締結。東急池上線「池上」駅周辺のエリアをモデル地区とした、「池上エリアリノベーションプロジェクト」を開始する。

 池上駅から本門寺に至る参道を中心としたエリアの空き家・空き店舗等の遊休資産や公共施設をリノベーションし、地域活性化を図る。地域の遊休資産の活用に向けた機運醸成、池上で事業にチャレンジするプレイヤーの誘致、リノベーションプロジェクトの事業化支援などを展開する予定。まちづくり推進拠点として、5月にカフェ・イベントスペース「SANDO BY WEMON PROJECTS(さんど ばい ゑもん ぷろじぇくと)」を開設。日常的な人材交流と地域資源の発掘・発信活動を行なっていく。

 同プロジェクトを皮切りに、今後は大田区内の他エリアにおいても、駅を中心にまちづくりを推進する方針。協定有効期間は2024年3月末まで。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年4月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/3/7

「記者の目」更新しました

『ロボット』×『ビル管理』。省人化の実現へ」を更新しました。
少子高齢化、人口減少などを要因に、働き手不足が深刻化するビル管理業界。その課題解決の糸口を、最新のIT技術を駆使した「ロボット」の活用に見出す声も多い。(株)三菱地所ではここ数年、自社管理物件でのロボットの導入に向け、実証実験を重ねている。