不動産ニュース / 開発・分譲

2019/3/11

地所レジ、シドニーで隈 研吾氏起用の複合開発

「Mastery」プロジェクトC棟完成予想図。隈研吾氏がデザイン設計を手掛ける

 三菱地所レジデンス(株)は、オーストラリアの不動産会社のCrown Group Holdings(クラウン社)と共同で開発を進める分譲マンション「Mastery(マステリー)」(総戸数374戸)の日本での販売を開始した。

 同社のオーストラリアの開発事業は4プロジェクト目。クラウン社とは同物件含め2物件で協業している。計画地はシドニーのビジネス中心部から南へ約4km、シドニー国際空港から北東約5kmに位置。地下鉄駅、バス停、商業施設、大型公園が徒歩圏に揃う、近年住宅開発が進む利便性の高いエリア。

 住宅と商業施設の複合開発で、敷地面積約1万6,000平方メートル、延床面積約3万3,000平方メートル。全5棟(A棟<5階建て、39戸>、B棟<6階建て、54戸>、C棟<20階建て、144戸>、D棟<7階建て、42戸>、E棟<8階建て、95戸>)で構成。総事業費は約3億8,500万豪ドル(地所レジの出資比率30%)。デザイン設計に、隈 研吾氏とオーストラリアで活躍する建築デザイナーの高田浩一氏を起用。隈氏は高田氏とともに最高層のC棟を担当、高田氏はC棟含め4棟のデザインを担当する。

 住戸バルコニーのプランター、グリーンテラスなど建物外周をふんだんに緑化し、シドニーの緑を垂直に導いているのが特長。また、庇を大きく採り、緑とともに日射を和らげるパッシブデザインとしている。日本庭園など日本をイメージしたデザインとしており、商業施設を日本食レストランを誘致した「日本街」とするなど、建物全体で日本をコンセプトとした。共用施設として屋上プール、ジム、コミュニティルームも設置する。着工は2019年、全棟竣工は21年の予定。

 住戸は、STUDIO~3ベッドルーム、専有面積約40~128平方メートル(ペントハウス約157~171平方メートル)。販売価格は63万~215万7,000豪ドル(ペントハウス375万~488万豪ドル)。昨年11月から現地で販売を開始しており、60戸を売り出し約6割が成約済み。日本国内では、スターツコーポレーション(株)が窓口なり、セミナー等で集客し販売していくほか、三菱地所レジデンスのアジア・オセアニアの拠点であるシンガポール、インドネシア、香港でも販売を行なっている。

 11日会見した同社ASEAN事業部部長の明嵐二朗氏は「オーストラリア・シドニーのポテンシャルの高さ、特筆すべき建物計画と立地、クラウングループのこれまでの実績から、ベストパートナーとして組ませていただいた。日本をコンセプトにしたデザイン・商品企画は、多くの国の人たちに評価されると考えている」と抱負を語った。
 クラウン社グループCEOのイワン・スニト氏は「わが社は、これまで54プロジェクト・3,000戸のマンションを開発してきた。普通では考えられないようなことを考えるのが、コンセプト。隈氏、高田氏との競演という夢が実現した」と語った。
 また、隈 研吾氏は「大地の緑がタワーにつながっていくシルエットとし、オーストラリアを感じる、自然と一体になった建築物を目指した」と語った。高田氏は「日本の建築の神様である隈さんと仕事できることは光栄。垂直の森をテーマに、シドニーの自然をそのまま建物に導くことを考えた」などと語った。

左から高田浩一氏、隈 研吾氏、三菱地所レジデンス・明嵐氏、クラウン社・スニト氏

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年4月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/3/7

「記者の目」更新しました

『ロボット』×『ビル管理』。省人化の実現へ」を更新しました。
少子高齢化、人口減少などを要因に、働き手不足が深刻化するビル管理業界。その課題解決の糸口を、最新のIT技術を駆使した「ロボット」の活用に見出す声も多い。(株)三菱地所ではここ数年、自社管理物件でのロボットの導入に向け、実証実験を重ねている。