不動産ニュース / 団体・グループ

2019/3/19

都宅協、事務局の危機管理対応マニュアル策定

 (公社)東京都宅地建物取引業協会は19日、昨年来策定に当たってきた「危機管理対応マニュアル」を、同日開催した理事会で公表した。

 同マニュアルは、昨年発生した大阪府北部地震や北海道胆振東部地震、西日本の広範囲で発生した集中豪雨や台風被害などを受け、2018年10月に危機管理対策特別委員会を立ち上げ、それ以降3回の会合で検討してきた。これまでの災害対応に関する知見や教訓等を踏まえた都宅協本部の対応マニュアルとして作成した。被害を最小限に抑えるとともに、業務の早期再開、危機管理体制の構築に主眼を置いている。

 マニュアル本文は(1)初動対応組織、(2)非常配備態勢、(3)災害対策本部の3つの柱を立てて構成。勤務時間内に災害が発生した場合については(1)、夜間・休日など勤務時間外に発災した場合は(2)に沿って役職員が行動して初動体制を担う。また、(3)では災害対策本部の設置基準や構成、指示系統などを示している。

 このほか、緊急時の連絡体制のルール化や職員の帰宅計画の策定、平時における防災対策なども定めている。

 また、本部マニュアルのほかに、支部用の危機管理対応マニュアルも用意。緊急連絡等の方法や体制整備についてまとめた。

 都宅協会長の瀬川信義氏は「本マニュアルは全国の宅建協会に先駆けて作成したもの。全国の宅建協会のなどの範になりえる、実効性の高いものと考えている。今後、役職員に対して内容を周知徹底し、日ごろの訓練等を通じて危機管理対応に万全を期していきたい」などとコメントした。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

宅地建物取引業協会(宅建協会)

宅地建物取引業者が設立した業界団体の一つで、都道府県ごとに設立されている。業界団体の設立は本来自由であるが、宅地建物取引業法は、宅地建物取引業の適正な運営の確保と健全な発達を図るため、宅地建物と取引者...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年11月号
日々の実務に役立つ情報満載です

さまざまな手法でDIY賃貸に取り組む不動産会社を取材!導入の効果や、ユーザーの反響などを伺い、普及への「カギ」を探りました!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/10/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号19年11月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは「DIY賃貸 普及のカギは?」。築古物件の利活用や、特定のターゲットに向けた導入など、さまざまな手法でDIY賃貸に取り組む不動産会社を取材!導入の効果、ユーザーからの反響等を伺いつつ、普及への「カギ」を探りました。
併せて、座談会「令和時代の不動産流通業」も掲載!少子高齢化、人口減少などの社会課題に直面する今…、業界のあるべき姿とは?不動産会社に求められることとは?活躍する5人の若手実務者が意見を交わしました!