不動産ニュース / 開発・分譲

2019/3/26

駅直結「BIZCORE 赤坂見附」が竣工

「BIZCORE 赤坂見附」外観

 新日鉄興和不動産(株)は29日、中規模ハイグレードオフィスビル「BIZCORE(ビズコア)」シリーズの第2弾「BIZCORE 赤坂見附」(東京都港区)を竣工する。26日に報道陣に公開した。

 敷地面積449.68平方メートル、東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附」駅直結で、外掘通りと青山通りに挟まれた角地という視認性に優れる立地。昭和40年代築のオフィスビルを建て替えた。延床面積3,743.41平方メートル、鉄骨造・一部鉄筋コンクリート造地上10階地下1階建て。

 オフィスフロアは、貸床面積2,387.43平方メートル。基準階面積は265.27平方メートル、天井高2,800mmの無柱空間を実現。専有部内にトイレ(男女別)や給湯スペースを設け、利便性の高い設計に。女性用トイレにはコスメボックスやフィッティングボードも設置した。屋上には、中規模ビルのサイズでは希少な庭園空間を整備。日中の利用はもちろん、事前申請によって夜間利用の可能とする予定。

 BCP対策として、建築基準法で必要とされる1.25倍の耐震性、3日分の災害用備蓄品を保管する倉庫、最大36時間の電力供給が可能となる非常用発電機を備えた。また、エントランス、エレベーター内、基準階エレベーターホールなど最大5段階のセキュリティ、タッチパネルディスプレイ式の来訪者対応システムを導入し、高い防犯性を備えた。

 26日時点の入居状況は約50%。近隣エリアからの移転がほとんどで、テナントは広告業や士業の中小企業。防災性能の高さや立地の良さなどが評価された。同シリーズにおける賃料設定(坪当たり)は、周辺の築30年の中小ビルの賃料相場(1万~1万5,000円が主)を基準に、そこから1万円程度のアップを目安としている。「赤坂は立地の良さも踏まえ、さらに強気の設定としている」(同社事業開発本部事業開発第二部長・奈良 敦氏)とした。

 同シリーズの今後の展開に関しては、築地(2019年7月末竣工予定)、渋谷(19年冬竣工予定)のほか神田須田町など、都心の築古中小ビルが密集したエリアで、計8棟を計画している。

オフィスフロア
屋上庭園

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。