不動産ニュース / IT・情報サービス

2019/4/1

ヤフーと提携し、賃貸事業に参入/OYO

会見の様子。左からヤフー(株)代表取締役社長CEOの川邊 健太郎氏、OYO CEOのリテシュ・アガルワル氏、OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN CEOの勝瀬博則氏

 ホテルチェーンを展開するインド企業のOYO(創業者CEO:リテシュ・アガルワル氏)とヤフー(株)の合弁会社「OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN(株)」(東京都千代田区、CEO:勝瀬博則氏)は28日、スマートフォンで、物件探しから契約、支払いまでできる日本初の賃貸サービス「OYO LIFE(オヨ ライフ)」の提供を開始した。

 従来の手間のかかる入居手続きをなくし、最短で翌日より入居が可能。居室は家具家電・Wi-Fiが完備され、敷金・礼金・仲介手数料がかからないことが特徴。さらに、入居者は、同社提携会社が提供する家事代行やカーシェアリング等のサブスクリプションサービス「OYO PASSPORT」を、入居後1ヵ月間無料で利用できる。

 30~90日までの短期利用の場合は、一時使用目的の建物賃貸借契約とし、スマートフォン上で契約する。91日以上利用する場合は、定期借家契約とし、書面により契約する。

 物件は、同社がオーナーから一括で借り上げて提供。入居者は、最低1ヵ月以上住めば、いつでも自由に解約できる。家賃は目安として、マンションタイプが10万~100万円、1軒家タイプが30万~100万円。シェアハウスタイプが5万~8万円。

 また、オンラインだけでなくリアル店舗でも物件探しができるように、同社と提携した不動産会社が、「OYO LIFE」の物件を紹介する「OYO Partner不動産」も展開する。加盟店の不動産会社は、「OYO LIFE」の物件を紹介し入居に至った場合、1物件当たり、月4,000円が報酬として支払われる(入居者が住んでいる間のみ、最大6ヵ月まで)。加盟手数料等の費用は一切かからない。すでに六本木や麻布十番など都内を中心に30店舗と提携し、今後も順次拡大していく予定。

 会見で、OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN CEOの勝瀬博則氏は「単なる賃貸住宅の提供ではなく、所有せずに自由に暮らすフレキシブルなライフスタイルの提供をするサービス。自分のライフスタイルに合った暮らし方を自由に選択できる新たな価値を提案する」などと述べた。

モデルルーム(東京都品川区)内観。広さは19平方メートル、家賃は15万3,000円(共益費込み)。家具家電が揃っている

この記事の用語

サービスアパートメント

日常生活に必要な設備・サービスを備えた賃貸住宅。和製英語。家具、食器などが備えられているほか、リネン類の交換などのサービスが提供されることもある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。