不動産ニュース / その他

2019/4/25

戸建住宅での宅配BOX活用効果を実証実験/LIXIL

 (株)LIXILは5月1日から、同社スマート宅配ボックスついてのモニター調査を開始する。

 外出先からでも配達確認や応答ができる「スマート宅配ポストTB」は、スマートフォンと宅配ボックスを双方向でつなぐことで、荷受けの通知、カメラ機能による荷物の見守りなどができる。荷物がすでに入っている場合でもカメラを通じて宅配業者と会話して開錠して複数荷物を受け取るといったことも可能。

 東京都江東区・江戸川区の戸建住宅在住の約100世帯に無償で設置し、再配達削減によるCO2削減効果やユーザーのストレスの変化などについて検証する。

 実証の結果については、夏に中間報告、2020年3月末に最終報告を公表する予定。

「スマート宅配ポストTB」設置イメージ

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

宅配ボックス・宅配ロッカー

不在時に荷物などを受け取るための設備。配達人がロッカーに荷物を入れると鍵がかかり、荷宛人は暗証番号や認証カードを用いて受け取る。宅配ボックスは、一般に、マンションの共用部分に設置されている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年10月号
日々の実務に役立つ情報満載です

外国人労働者の増加を見据え、既に動き始めた不動産事業者を取材!そのビジネス手法を探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/9/13

「記者の目」更新しました

その『狭さ』に正義はあるか?」更新しました!
シェアハウスでさえ一部屋4畳が当たり前の世の中に、何と「住戸面積5平方メートル」の賃貸マンションを発見…!いったいなぜそこまで狭いのか?居住者はいるのか?部屋の様子は?それらを探るため、さっそく現地に向かいました。