不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/5/14

業況DI、首都圏の賃貸仲介は過去最高に

 不動産情報サービスのアットホーム(株)は14日、「地場の不動産仲介業における景況感調査(2019年1~3月期)」を発表した。北海道、宮城県、首都圏(1都3県)、静岡県、愛知県、近畿圏(2府1県)、広島県、福岡県の13都道府県14エリアにおいて、前年同期と比較した業況判断指数(DI)を算出。「50」を前年並みとする。アットホームの全国不動産情報ネットワーク加盟店のうち、都道府県知事免許を持ち5年を超えて不動産仲介業に携わる2万4,472店の経営者層を対象にインターネットで調査した。調査期間は19年3月12~24日。有効回答数は1,469店舗。

 当期の賃貸仲介の業況DIは、首都圏が49.7(前期比4.3ポイント上昇)と、調査開始以来過去最高となった。前年同月比でみると0.6ポイント上昇とほぼ横ばい。近畿圏は47.6(同0.3ポイント下落)と、この1年間ほぼ横ばいが続いている。

 エリア別では、首都圏5エリアの業況IDが、いずれも前期比プラスとなった。中でも東京都下(46.2)は3期連続で上昇した。近畿圏では、京都府(43.1)が前期比9.7ポイント低下、前年同月比でも5.5ポイント低下と大幅に低下している。一方、兵庫県(51.1)は前期比6.2ポイント上昇、前年同月比6.4ポイント上昇と、大幅に上昇した。 

 19年4~6月期の見通しDIは、首都圏が40.6と大幅に低下、近畿圏が42.9を見込んでいる。

 売買仲介の業況DIは、首都圏が44.0(同1.2ポイント低下)と3期連続の低下。近畿圏は51.5(同1.3ポイント上昇)と、2期連続の上昇となった。

 低下傾向にある首都圏では、東京23区が前期比1.7ポイント上昇と、5エリアの中で唯一上昇した。一方、千葉県は9.8ポイント低下と大幅に低下している。近畿圏では、兵庫県(53.9)が賃貸仲介と同様に好調で、前期比でも5.6ポイント上昇と、大幅にアップした。

 見通しDIは、首都圏が40.8、近畿圏が47.8となり、両エリアとも下向きとなった。 

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年6月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

各種法律の改正点、実務上の注意点を分かりやすく解説します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/5/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年6月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
解説「令和2年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、民法(相続法)、土地基本法(案)、建築物省エネ法などの改正点、実務上の注意点を分かりやすく解説!併せて、「取得」「保有」「運用」「譲渡」「相続・贈与」といった場面ごとの税制特例も網羅します。資料編として、税額表も各種計算例も掲載。ご一読いただき、日々の実務にお役立てください。