不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/5/17

19年1Qの事業用不動産投資額は30%減

 シービーアールイー(株)(CBRE)は16日、2019年第1四半期の投資市場動向調査結果を発表した。アレンジャーやレンダー、ディベロッパー、不動産賃貸会社等を対象にアンケート調査を実施。調査期間は3月14日~4月11日。有効回答数は136人。

 同期の世界の事業用不動産投資額は、1,900億ドル(前年同期比16%減)。企業買収や大型の取引の減少が主因。株式市場が18年末に下落したことを受け、借り入れコストの上昇や世界景気の後退を投資家が懸念したとみられる。

 日本の事業用不動産投資額は、7,610億円(同30%減)。第1四半期の投資額としては、13年以降で最低となった。投資主体別でも、すべての投資家が前年同期より減少。減少額が最も大きかったのはJREITだった。ポートフォリオの質の改善を目的とした取引が多く、公募増資による取得が大幅に減少したことが投資額減少の背景にある。

 併せて同社は、四半期ごとに実施している「不動産投資に関するアンケート-期待利回り(19年4月時点)」を発表した。東京の期待利回り(NOIベース)の平均値は、前期から横ばいとなった商業施設とマンション(ワンルーム)を除く全アセットタイプで低下。最低値を更新した。地方都市のオフィス利回りも、4都市(大阪、名古屋、仙台、福岡)で最低値を更新している。

 19年4月時点での東京Aクラスビルを対象としたCBRE短観は、全項目で悪化。悪化の要因は「変わらない」の回答率が増加したため。物流施設(首都圏、マルチテナント型)については、「賃料」「空室率」「期待利回り」の3項目のDIが前期から改善した。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年6月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

各種法律の改正点、実務上の注意点を分かりやすく解説します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/5/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年6月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
解説「令和2年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、民法(相続法)、土地基本法(案)、建築物省エネ法などの改正点、実務上の注意点を分かりやすく解説!併せて、「取得」「保有」「運用」「譲渡」「相続・贈与」といった場面ごとの税制特例も網羅します。資料編として、税額表も各種計算例も掲載。ご一読いただき、日々の実務にお役立てください。