不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/5/29

市街地価格指数、上昇傾向続く

 (一財)日本不動産研究所は28日、「市街地価格指数」(2019年3月末時点)を公表した。全国主要198都市の約1,800地点の地価を鑑定評価して指数化した。10年3月末を100としている。

 全国の全用途平均は88.3(18年9月末比0.5%上昇)と、上昇傾向が続く結果に。用途別の指数は、商業地87.7(同0.7%上昇)、住宅地90.3(同0.3%上昇)、工業地85.6(同0.4%上昇)。最高価格値は91.3(同1.5%上昇)だった。

 地方別の動向は、総じて堅調に推移。近畿、九州・沖縄地方など国内外の観光客でにぎわう商業地では上昇傾向が続き、下落が続く北陸、四国地方でも下落率は徐々に縮小している。

 三大都市圏の全用途平均は、東京圏102.9(同1.0%上昇)、大阪圏99.0(同0.8%上昇)、名古屋圏102.0(同0.8%上昇)と、いずれも上昇傾向が続いた。

 用途別では、東京圏の商業地が103.3(同1.5%上昇)、住宅地100.9(同0.5%上昇)、工業地106.9(同1.2%上昇)、最高価格値が117.9(同2.6%上昇)。大阪圏は商業地101.1(同1.3%上昇)、住宅地98.3(同0.2%上昇)、工業地95.3(同0.8%上昇)、最高価格値が113.5(同3.7%上昇)。名古屋圏は商業地105.8(同1.3%上昇)、住宅地102.5(同0.6%上昇)、工業地95.1(同0.3%上昇)、最高価格値が110.2(同1.2%上昇)となった。

 東京都区部については、全用途平均が115.3(同2.1%上昇)。商業地は121.4(同3.3%上昇)、住宅地110.0(同0.9%上昇)、工業地109.9(同2.3%上昇)、最高価格値が156.0(同4.1%上昇)だった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。