不動産ニュース / 開発・分譲

2019/6/3

川崎で国内最大級の大型物流竣工

「ロジポート川崎ベイ」外観

 ラサール不動産投資顧問(株)と三菱地所(株)および(株)NIPPOは、共同開発したマルチテナント型大型物流施設「ロジポート川崎ベイ」(川崎市川崎区)を竣工した。

 首都高速湾岸線「東扇島」出入口から約1.5kmに位置し、東京や横浜へのアクセスに優れる。敷地面積13万4,832平方メートル、延床面積29万6,780平方メートル、鉄骨鉄筋コンクリート造一部鉄骨造地上5階建て。国内最大級の物流施設となる。

 1フロア1区画730坪から18区画約1万5,300坪まで、さまざまなテナントニーズに対応し、最上階の5階には低床倉庫も用意した。竣工時の契約率は100%で、テナントは物流サービスを手掛ける(株)丸運など7社。

 従業員が働きやすい環境整備に注力し、ラウンジや売店、シャワー室やコインランドリーのほか、トイレも1フロア4ヵ所に設置した。全館LED照明を採用し、72時間対応の非常用発電設備も設置するなど、安全やBCPにも配慮した。

 3日に開催したマスコミ向け内覧会で、ラサール不動産投資顧問執行役員の永井まり氏は、「羽田空港や首都高湾岸の出入口、川崎港からも近く、立地の優位性が非常に高い。加えて臨港道路東扇島水江町線開通により、このエリア一体の物流網の効率は今後さらに上がる見込み。そうした点が評価されたと考えている」などと述べた。

 三菱地所執行役常務の細包(ほそかね)憲志氏は、「立地の優位性に加え、昨今の物流施設の課題である従業員対策を手厚くしたことも評価につながっている」などと話した。

1階ラウンジ。従業員が働きやすい環境整備に注力し、ラウンジや売店などを整備した

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/25

「記者の目」更新しました!

分譲マンションにも『働き方改革』の波」配信しました。
近年、「ワークスペース」をウリにした新築マンションが増えてきているのをご存じだろうか。その背景には、共働き世帯の増加や、テレワーク、副業など多様な働き方の定着がある。今回、郊外型・都市型マンションそれぞれで、ワークスペースを設けたマンションを紹介。その工夫と特徴をレポートする。