不動産ニュース / IT・情報サービス

2019/6/12

赤羽の団地でIoT・AI活用の住戸/UR

昭和30年代後半の建設当初を再現したモデル住戸(44号棟・103号室)
IoT・AI活用のスタートアップモデル住戸(44号棟・102号室)

 (独)都市再生機構(UR都市機構)は12日、「ヌーヴェル赤羽台」(東京都北区)団地内で実証実験中のIoT・AI活用のモデル住戸を、報道陣に公開した。

 同団地は、JR「赤羽」駅徒歩10分に位置。1962年に入居が始まった、55棟・3,373戸の大規模団地で、区画面積は20.2ha(創建時)。モデル住戸は、三角形の階段室の周囲に各階3つの住戸が放射状に配置された「スターハウス」内に設置。比較検討するため、44号棟・103号室を昭和30年代後半の建設当初を再現したモデル住戸に、同棟・102号室をスタートアップモデル住戸とした。同機構は2018年1月に、東洋大学情報連携学部(INIAD)と技術協力の覚書を締結して以降、IoTやAI等の情報技術を活用した住戸の研究を進めており、今回のスタートアップモデルを端緒に多様な企業との連携を進めていく。

 スタートアップモデル住戸内には、見守りカメラや環境センサー、サーモイメージセンサー、マイク、深度カメラなど合計42個のセンサーを設置。床暖房や放射冷暖房などの空調設備を、各所に設置された多様なセンサーにより最適制御することで、快適な住環境を提供する。IPv6(インターネット プロトコル バージョン6)、高速ネットワーク回線、5G(第5世代移動通信システム)により、自宅をサテライトオフィスとして活用することも可能。また、多機能AI、スマートスピーカーや各種センサー群と柔軟に連携し、音声での指示や手を振るだけで照明やテレビがつくなど、居住者の好みや身体の状態に合わせた対応もできる。

 同機構とINIADは今後、各種外部サービスとの連携を強化し、モデル住戸にて技術的な検証や環境整備を推進。9月末まで民間企業にモデル住戸を公開、10月より一般に公開する。なお、同団地は2000年より順次建替工事を行なっているが、モデル住戸を設置したスターハウスはそのまま残し、技術検証や室内環境のカスタマイズを継続して実施していく。

スマートアップモデル住戸内のイメージセンサー。冷蔵庫にある食材の食べ頃や賞味期限を映像で知らせる
スターハウス外観

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年7月号 日々の実務に役立つ情報満載です

近年、多様な分野で導入が進む「スマホ決済サービス」。その仕組みを解説しつつ、既に不動産仲介の現場でサービスを導入した事業者に、そのメリット、課題などを伺いました。

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/6/13

「松村文衞 お別れの会」ご参会の御礼

令和元年6月12日に執り行ないました弊社 前代表取締役社長 松村文衞の「お別れの会」に際しましては、ご多用中にもかかわらず多くの皆さま方にご来臨賜り、厚く御礼申し上げます。
故人がこれまで皆さまより頂戴いたしました数々のご厚情に感謝申し上げますとともに、故人同様今後も変わらぬご厚誼賜りますようお願い申し上げます。
令和元年6月13日 株式会社不動産流通研究所 代表取締役 丹羽洋子