不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2019/7/16

インテリックス、クラウドF事業に参入

 (株)インテリックスは16日、2018年5月期決算(連結)説明会を開催した。

 当期(17年6月1日~18年3月31日)は、売上高369億8,100万円(前期比15.0%減)、営業利益16億7,200万円(同7.2%増)、経常利益13億6,200万円(同8.7%増)、当期純利益8億3,200万円(同3.6%増)。主力のリノヴェックスマンションの在庫が低水準で推移し販売が伸びず減収。利益面については、その他不動産事業における1棟ものの商業ビルの売却等が利益伸長に大きく寄与し、増益となった。

 20年5月期の重点方針について、同社代表取締役の山本卓也氏は「事業ポートフォリオの多様化を推進し、収益の安定化と成長の両立を目指す」と述べ、リノベーション事業分野の収益拡充と、不動産ソリューション分野の事業構造の確立と成長に注力する。リノベーション事業分野のリノヴェックスマンション事業では、地方主要都市の牽引により取引件数を伸ばしていく。リノベーション内装事業では、需要が高い法人向けの拡充と個人向けの開拓に取り組む。不動産ソリューション分野のアセットシェアリング事業は、特色ある物件の組成と販売チャネルを確立。リースバック事業では、直取引と企業連携によりコンスタントな物件取得を推進する。

 また、新事業としてクラウドファンディング事業に参入する。今年5月、ファンド組成を行なうための子会社(株)Intellex Fundingを設立。(株)クラウドポートとの業務提携により、同社のオンラインマーケット「Funds」を介して、リースバック商品「安住売却」を出資対象とするファンド(組成額1億円)を完売している。

 匿名組合出資型クラウドファンディング「X-Crowd」サービスも上期中に展開する。WEBサイトを通じ、同社が保有する不動産への投資機会を提供していく。将来的には、外部企業との提携を前提としたプラットフォームの展開を検討しているとした。

 次期は、リノヴェックスマンション販売件数の増加を計画しており、売上高は前期比14.1%増を予想。利益については、人員増、新事業への先行開発投資等による販管費14.1%増を見込み、減益を予想している。売上高421億8,200万円、営業利益11億6,400万円、経常利益7億4,100万円、当期純利益5億円を見込む。

この記事の用語

クラウドファンディング

不特定多数が特定の目的のために資金を提供する行為またはその行為によって資金を調達すること。通常、インターネットサービスを利用する。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年2月号
日々の実務に役立つ情報満載です

特集では、2019年の不動産業界をめぐる出来事を総ざらい!ぜひご一読を。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/1/7

「記者の目」更新しました!

あえて“2割”が欲しがるマンション」更新しました!
今後消費の中心となるミレニアル世代向けに、各社が同世代向け住宅やホテル開発を活発化させています。「デジタルネイティブ」と呼ばれる彼らは、それ以前の世代と比べ価値観も大きく異なります。今回は、あえて“少数意見”に着目して開発したマンションプランを紹介!開発のポイントは……「アンバランス」!?