不動産ニュース / ハウジング

2019/7/19

点検の現場に先端技術、女性や高齢者の活用へ

ドローンを使って高所の撮影を効率化できる(円内はドローン。右に拡大図)

 積水ハウス(株)は18日、ドローンやロボットを活用した戸建て住宅の定期点検手法「スマートインスペクション」の8月1日からの実装に先駆け、プレス向けデモ体験会を同社関東工場(茨城県古河市)で開いた。同手法の概要については16日のニュースを参照。

 屋根の点検にドローン、床下にロボット、小屋裏にロボットカメラを活用する。屋根の点検は、従来は重量のある高所カメラとその台を、屋根面ごとに移動して撮影。風でカメラが揺れるため、補助者が必要となり、高さも最大で約11mと3階建て住宅を点検するにはわずかに足りない場合があった。また、床下や小屋裏の点検についても、狭所や高温の空間での作業となり、作業員の身体的負担が大きいと指摘されていた。

 こうした課題に対して、ドローンやロボットを活用して解決していく。屋根の点検では、社員に配布されているiPadを使ってドローンを操作し、垂直移動と水平移動によって屋根の全体・一部および高所外壁を撮影。床下点検では、床下点検ロボットをiPadで操作しながらロボットに設置されたカメラで撮影。また、小屋裏についても、脚立に上らなくてもロッドの先端に装着したデジタルカメラをiPhoneで操作して撮影する。

 それぞれ撮影した画像は、クラウドを介して、ベテランの専門スタッフがチェックする専門部署オフィスサポートデスクに送信する。撮影した画像は高解像度で、瓦1枚のひび割れや雨どいにたまった落ち葉等、細かな破損や汚れも発見できる。問題が発見された場合については後日作業員による再検査で目視・計測する。画像チェック後には、送られた画像をもとに点検の報告書を即時作成。現場の作業員のiPadに送付し、その場でユーザーに点検結果を説明できる。なお、ユーザーにはその後印刷した報告書を郵送する。

 定期点検のうち、10年ごとの点検(10年、20年、30年)が対象で、従来は2人の作業員が4時間かけて行なっている作業を、1人の作業員が1時間45分で完了する。普及に向けて、同社の全国29ヵ所のカスタマーズセンターにドローン、床下点検ロボット、ロボットカメラを配備していく。機器納入の都合もあり、初年度で対応できるのは10年ごと点検の対象となる5万棟弱のうち、約2割程度を見込む。

 同社執行役員CS推進部長の小井孝員氏は「個人のスキルに頼らない点検ができる点も大きなメリットだ。作業員の負担軽減と安全性向上も図ることができる。今後は高齢スタッフや女性スタッフの増員も図っていきたい」などと述べた。

床下点検ロボットは約9cmの段差を乗り越えて移動できる
小屋裏はロッド先端のライトとデジカメをiPhoneで操作しながら撮影する

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年9月号
日々の実務に役立つ情報満載です

空きスペースの有効活用に「シェア」を導入。近年、多様化を見せるそのビジネス手法をレポートします。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/8/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

最新号19年9月号の内容を紹介。ショップサイトでご購入できます。
編集部レポートは、「空きスペースを活用 多様化するシェアビジネス」。飲食店舗の休業時間を利用した「間借り」、空き家を活用した「多拠点居住」、倉庫の空きスペースを「個人の物置き」に…等々、シェアビジネスの最前線をレポート!
編集部レポートでは、近年注目を浴びているESG投資、SDGsについて、その概念から分かりやすく解説。今後の企業経営において求められることとは?ぜひご一読ください。